岡泉淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡泉 淳(おかいずみ じゅん、1966年8月21日 - )は埼玉県出身の日本柔道家。95kg超級の選手。現役時代は身長180cm。体重118kg[1][2]

経歴[編集]

柔道は小学校1年の時に後に1995年の世界選手権95kg級で3位となる弟の岡泉茂とともに始めた[3]児玉高校3年の時にインターハイの重量級で決勝まで進むが、東海大相模高校3年の多田隈和博に敗れて僅差判定で2位だった[2]。1985年には筑波大学に進むと、2年の時には新人体重別の決勝で日本大学2年の金野潤に抑え込みで一本勝ちをして優勝する。[1][4]。1989年には新日鉄広畑の所属となると、講道館杯では旭化成延岡の樋川純を破って優勝を飾った[1]。1991年には講道館杯で2年ぶり2度目の優勝を果たした[1]実業個人選手権では3度優勝したが、とりわけ1993年の大会では同じ新日鉄広畑に所属している95kg級の弟と一緒に兄弟優勝を成し遂げた[5][6]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「平成3年度前期国際試合強化選手」近代柔道 ベースボールマガジン社、1991年9月号
  2. ^ a b 「激動の昭和スポーツ史⑯ 柔道 青葉号」 ベースボールマガジン社、1989年発行
  3. ^ 「ZOOM IN 素顔 岡泉茂」近代柔道 ベースボールマガジン社、1994年6月号
  4. ^ 卒業生 - 筑波大学柔道部
  5. ^ 「第23回全日本実業柔道個人選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、1993年10月号
  6. ^ 全日本実業柔道個人選手権大会