岡武史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡 武史
生誕 (1932-06-10) 1932年6月10日(87歳)
日本の旗 日本東京都[1]
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 カナダの旗 カナダ
研究分野 天体化学英語版
研究機関 東京大学
ヘツルベルク天体物理学研究所英語版
シカゴ大学
出身校 東京大学
指導教員 ゲルハルト・ヘルツベルク[2]
博士課程
指導学生
Moungi G. Bawendi
Benjamin J. McCall
Christopher M. Lindsay
Christopher G. Tarsitano
Jennifer L. Gottfried
Christopher P. Morong
Christopher F. Neese[2]
他の指導学生 Mitchio Okumura[2]
主な業績 三水素陽イオン (H+
3
) の発見
ヒドロニウム
メタニウム
主な受賞歴 アール・K・プライラー賞英語版 (1982)
ウィリアム・F・メガーズ賞英語版 (1997)
エリス・R・リッピンコット賞英語版 (1998)
E・ブライト・ウィルソン賞英語版 (2002)
デービーメダル (2004)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

岡 武史(おか たけし、1932年6月10日 - 、FRS FRSC)は、銀河天文学の分野を専門とする化学者天文学者である。天体化学の先駆者、地球外の三水素陽イオン (H+
3
) の発見者[3]として知られている。

2017年現在はシカゴ大学エンリコ・フェルミ研究所、天文学・天文物理学・化学科のR. A. Milliken Distinguished Service名誉教授である[4]

教育[編集]

東京都生まれ。1955年に東京大学卒業、1960年に理学博士[5]を東京大学から授与された.[1]

経歴[編集]

1963年、岡はカナダ国立研究機関英語版ゲルハルト・ヘルツベルクの研究室でハロルド・クロトーと共に博士研究員として働いていた[6]。彼らの中で、クロトーとヘルツベルクはノーベル化学賞を受賞し、さらにノーベル賞受賞者のロバート・カールも岡の同僚であった[7]

1960年から1963年まで、岡は日本学術振興会の特別研究員であった。その後、ヘツルベルク天体物理学研究所英語版(1963年-1981年)とシカゴ大学(1981年- )で研究を行った[1]

1980年、岡はH+
3
赤外スペクトルを発見し、「分子雲』が星のゆりかごであること、分子雲の化学進化が星の形成における極めて重要な段階であることを明らかにした[3]

現在、岡グループは、基礎的な分子イオンの量子力学および動力学と天体におけるそれらの振る舞いに関する研究を専門としている[1]

受賞歴[1][編集]

[編集]

称号[編集]

  • 2004 - Wei Lun Visiting Professorship
  • 2004 - Honorary DSc from the University College London
  • 2003 - Earl W. McDaniel Lecture Georgia Institute of Technology
  • 2001 - Honoris caua, University of Waterloo
  • 2000 - George Pimentel Memorial Lecture, University of California, Berkeley
  • 1998 - Medaili Jana Marca Marci
  • 1997 - Distinguished JILA Visitor
  • 1995 - Golden Jubilee Lecture, Tata Institute of Fundamental Research
  • 1992 - Special Issue, Journal of Molecular Spectroscopy, Vol. 153
  • 1992 - Lecturer, International School of Physics, "Enrico Fermi"
  • 1992 - Lord Lecturer, Massachusetts Institute of Technology
  • 1989 - McDowell Lecturer, University of British Columbia
  • 1985-1986 - Chancellor's Distinguished Lecturer, University of California, Berkeley
  • 1981-1982 - Centenary Lecturer, Royal Society

会員[編集]

論文[1][編集]

  • Gottfried, Jennifer L.; Oka, Takeshi (2004). “Near-infrared electronic spectrum of CH+
    2
    ”. J. Chem. Phys. 121 (23): 11527–11529. doi:10.1063/1.1835265.
     
  • Tarsitano, Christopher G.; Neese, Christopher F.; Oka, Takeshi (2004). “High-resolution spectroscopy of the 22Πu←X4Σ
    g
    forbidden transitions of C+
    2
    ”. J. Chem. Phys. 121 (13): 6290–6297. doi:10.1063/1.1787493.
     
  • Hobbs, L. M.; Thorburn, J. A.; Oka, T.; Barentine, J.; Snow, T. P.; York, D. G. (2004). “Atomic and Molecular Emission Lines from the Red Rectangle”. Astrophys. J. 615 (2): 947–957. doi:10.1086/424733. http://fermi.uchicago.edu/publications/PDF/oka253.pdf. 
  • Oka, Takeshi; Epp, Erik (2004). “The Nonthermal Rotational Distribution of H+
    3
    ”. Astrophys. J. 613 (1): 349–354. doi:10.1086/423030.
     
  • Oka, Takeshi (2004). “Nuclear spin selection rules in chemical reactions by angular momentum algebra”. J. Mol. Spectrosc. 228 (2): 635–639. doi:10.1016/j.jms.2004.08.015. http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.565.8166&rep=rep1&type=pdf. 
  • Gottfried, Jennifer L.; McCall, Benjamin J.; Oka, Takeshi (2003). “Near-infrared spectroscopy of H+
    3
    above the barrier to linearity”
    . J. Chem. Phys. 118 (24): 10890–10899. doi:10.1063/1.1575737. http://fermi.uchicago.edu/publications/PDF/oka242.pdf.
     
  • Oka, Takeshi; Thorburn, Julie A.; McCall, Benjamin J.; Friedman, Scott D.; Hobbs, Lewis M.; Sonnentrucker, Paule; Welty, Daniel E.; York, Donald G. (2003). “Observations of C3 in Translucent Sight Lines”. Astrophys. J. 582 (2): 823–829. doi:10.1086/344726. 
  • Goto, Miwa; McCall, Benjamin J.; Geballe, Thomas R.; Usuda, Tomonori; Kobayashi, Naoto; Terada, Hiroshi; Oka, Takeshi (2002). “Absorption Line Survey of H+
    3
    toward the Galactic Center Sources I. GCS 3-2 and GC IRS3”
    . Publ. Astron. Soc. Jpn 54 (6): 951–961. doi:10.1093/pasj/54.6.951. http://bjm.scs.illinois.edu/papers/Goto2002.pdf.
     
  • McCall, B. J.; Hinkle, K. H.; Geballe, T. R.; Moriarty‐Schieven, G. H.; Evans II, N. J.; Kawaguchi, K.; Takano, S.; Smith, V. V. et al. (2002). “Observations of H+
    3
    in the Diffuse Interstellar Medium”. Astrophys. J. 567 (1): 391–406. doi:10.1086/338380.
     
  • Momose, Takamasa; Lindsay, C. Michael; Zhang, Yu; Oka, Takeshi (2001). “Sharp Spectral Lines Observed in γ-Ray Ionized Parahydrogen Crystals”. Phys. Rev. Lett. 86 (21): 4795–4798. doi:10.1103/PhysRevLett.86.4795. PMID 11384350. 
  • White, E. T. (1999). “CH+
    5
    : The Infrared Spectrum Observed”. Science 284 (5411): 135–137. doi:10.1126/science.284.5411.135. PMID 10102811.
     

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f University Webpage”. University of Chicago. 2016年7月14日閲覧。
  2. ^ a b c Chemistry Tree - Takeshi Oka Details
  3. ^ a b Jian Tang and Takeshi Oka (1999). “Infrared spectroscopy of H3O+: the v1 fundamental band”. J. Mol. Spectrosc. 196 (1): 120–130. Bibcode1999JMoSp.196..120T. doi:10.1006/jmsp.1999.7844. PMID 10361062. 
  4. ^ Takeshi Oka”. The University of Chicago, The Department of Astronomy and Astrophysics. 2017年7月12日閲覧。
  5. ^ 岡武史 (1960年). フォルムアルデヒドのマイクロ波分光 (Thesis). 東京大学.. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010029805-00?ar=4e1f 
  6. ^ Sir Harold Kroto - Biographical
  7. ^ Robert F. Curl Jr. - Biographical

外部リンク[編集]