岡村竹四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡村 竹四郎(おかむら たけしろう、1861年文久元年) - 没年不詳)は、明治期の実業家、信陽堂(現・東洋印刷会社)創立者。妻は版画家の岡村政子

経歴[編集]

信濃国長野県)生まれ。1878年(明治11年)慶應義塾ニコライ神学校工部大学校付属美術学校に学ぶ。当時製紙界は幼稚にして日本で初めてコロームによる製紙方法で信陽堂をおこす。帝国印刷と信陽堂を合併して1908年(明治41年)東洋印刷会社を創業し社長となった。

参考文献[編集]