岡村佳典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡村 佳典
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県浜田市
生年月日 (1948-07-03) 1948年7月3日(70歳)
身長
体重
180 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡村 佳典(おかむら よしのり、1948年7月3日 - )は、島根県[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

浜田高校では、1966年の春季中国大会島根県予選1回戦で、大東高を相手に8回コールドながら完全試合を達成。県予選を勝ち抜き中国大会決勝まで進むが、米子東高に惜敗。夏の甲子園県予選でも準決勝に進出するが、松江商に敗退した。

1966年第1次ドラフト会議西鉄ライオンズから1位指名を受け入団[1]。上手投げの本格派。重い球質でカーブも鋭く早くからプロ各球団に注目されていた。

1年目の1967年に初登板、1968年10月1日には東映を相手に初先発を果たす。伊藤芳明と投げ合い5回を無失点と好投するが、6回に逆転され敗戦投手となった。1969年も中継ぎで10試合に起用されるが、結局一軍では勝利を挙げることができず、1970年限りで引退した[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 西鉄 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 9 2.0 1 1 2 0 0 2 0 0 2 2 9.00 1.50
1968 6 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 72 15.1 23 3 3 0 0 15 0 0 13 12 7.20 1.70
1969 10 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 60 14.0 11 3 7 0 1 11 0 0 7 7 4.50 1.29
1970 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 6 0.1 4 0 1 0 0 0 0 0 5 5 135.00 15.00
通算:4年 19 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 147 31.2 39 7 13 0 1 28 0 0 27 26 7.31 1.64

背番号[編集]

  • 74 (1967年)
  • 37 (1968年 - 1970年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、119ページ