岡本文弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡本 文弥(おかもと ぶんや)は、浄瑠璃太夫の名跡。

初代[編集]

1633年寛永10年) - 1694年2月4日元禄7年1月11日))

古浄瑠璃太夫。伊藤出羽掾藤原信勝。大坂最初の太夫といわれ道頓堀を拠点に操り芝居を興行。出羽座の座本を兼ねた。カラクリや糸繰を駆使した舞台演出は特に人気を呼び大阪名物とまで言われ、寛文-延宝年間(1661-81)を最盛期として井上播磨掾と芸をきそった。門下に二代目岡本文弥(文弥泣き節)、山本土佐掾、山本飛騨掾ら。

2代[編集]

1633年寛永10年) - 1694年2月4日元禄7年1月11日))

古浄瑠璃太夫。大坂出身。道頓堀伊藤出羽掾座で活躍。文弥の泣き節といわれる文弥節の始祖。弟子に三代目岡本文弥(元禄中期-末期)。都越後掾。

3代[編集]

(元禄中期 - 元禄末期)

古浄瑠璃太夫。大坂出身。二代目岡本文弥に師事。

4代[編集]

1895年1月1日 - 1996年10月6日

東京出身。本名・井上猛一。父は煉瓦職人、母は新内流しの鶴賀若吉(のちに3代目岡本宮染を名乗る)。幼少時より母親から浄瑠璃を習う。1913年、富士松加賀路太夫を名のる。早稲田大学中退後、文芸誌の編集者をしていたが、新内に専念し、流しを始める。1923年独立して岡本派を再興、4代目家元岡本宮太夫となる。永井荷風の元妻、藤蔭静樹と組んで新内舞踊を復活させるなど、作詞・作曲と新内舞踊の開拓に尽くした。また、反戦と労働者のための新内節を歌い、「赤い新内」「左翼新内」とも呼ばれて、中国へも毎年訪れた。

1956年芸術選奨受賞。1957年新内節で国選択の記録無形文化財保持者。1969年から1970年まで『中央公論』に自伝「芸流し人生流し」を連載。101歳の長命を保ち、新内に関する著作、民衆芸能に関する随筆など多数の著作があり、句集、歌集もあり、晩年はテレビに出て人気があった。

妻は5代目岡本宮染。

著作[編集]

  • 『新内軟派 歌詞と考察』坂本書店 1926
  • 『新内集』川津書店 1926
  • 『新選新内集』川津書店 1930
  • 『岡本染之助川津正子一周忌のために』川津書店 1936
  • 『芸渡世』三月書房 1962
  • 『ひそひそばなし』三月書房 1963
  • 『文弥芸談』同成社 1963
  • 『つま竜 ひな絵本』真珠社 1964
  • 『縁でこそあれ』同成社 1965
  • 『花かんざし ひなえほん 岡本宮子浮世ばなし』真珠社 1965
  • 『曲芸など 曲芸とは、大衆芸能、寄席演芸のこと 中国みやげ話』三月書房 1965 「中国の芸と芸人」改題
  • 『遊里新内考』同成社 1967
  • 『定本新内集』同成社 1969
  • 『ずいひつ芸人ふぜい帖』同成社 1970
  • 『芸流し人生流し』中央公論社 1972 のち文庫
  • 『新内曲符考』同成社 1972
  • 『新内四季』同成社 1973
  • 『邦楽手帖』同成社 1973
  • 『迎春花 ぶんや歌・句集』同成社 1978
  • 『新内浄瑠璃古正本考』同成社 1979
  • 『ぶんやぞうし 芸談など 岡本文弥ずいひつ集』新日本出版社 1980
  • 『一葉しのぶぐさ』同成社 1981
  • 『こちよれまくら 私の新内歳時記』明治書院 1982
  • 『谷中寺町・私の四季』三月書房 1984
  • 『桃栗三年あと八年』三月書房 1986
  • 『句集汗駄句々々』三月書房 1989
  • 『邦楽いろは歌留多 岡本文弥随筆集』邦楽社(邦楽新書)1990
  • 『歌集味噌・人・文字』三月書房 1993
  • 本牧亭追慕』緑の笛豆本の会 1993
  • 『赤い新内まんじゅしゃげ』大月書店 1993
  • 『百歳現役 なんとなくあしたがたのしい』海竜社 1994
  • 『ぶんやかたりぐさ』新日本出版社 1996
  • 『残ンの色香 遺句集』三月書房 1997
  • 『岡本文弥の手紙』吉田左喜編 三月書房 1998

参考文献[編集]

  • 日本人名大事典など
  • 林えり子『岡本文弥新内一代記 ぶんや泣き節くどき節』朝日新聞社 (1983/10)
  • 森まゆみ『長生きも芸のうち~岡本文弥百歳』毎日新聞 (1993/12)
  • 平岡正明『新内的』批評社 1990
  • CD『岡本文弥 新内珠玉集』 テイチクエンタテインメント (2014)

  次郎吉ざんげ/行倒れ淀君/ふるあめりか/お吉人情本/おさん茂兵衛/滝の白糸/耳なし芳一/むじな/河童の道行/たぬき/十三夜/雁/にごりえ/月夜の題目舟/ 鶴女房/富本豊志賀/絵島生島/宮古路豊後掾/今戸心中/おその六三

外部リンク[編集]