岡持ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
木製の岡持ち
バイクに出前機を装備し岡持ちを運ぶ

岡持ち(おかもち)とは、料理食器を持ち運ぶ際に用いるのこと[1]。かつては田植えあるいは稲刈りといった野外作業の際に用いられた[1]。今日では特に出前に用いられる。

形状[編集]

蓋付きの箱の両側に長柄が付いており取っ手を渡した構造になっている[1]。箱の(上面ではなく)前面にが設置されたタイプの岡持ちでは、嵌め込み式の蓋を上下にスライドさせる機構を倹飩と言い、そのため倹飩箱(けんどんばこ)とも呼ばれる。岡持ちには箱そのものを手で持ち運ぶための「持ち手」が上部についているが、現代では岡持ちごと出前機に積み、オートバイスクーターで運ばれることもある。

由来[編集]

岡(小高い山)のようにたくさんの食べ物を持って歩ける道具。「岡」は傍・脇という意味で、脇や横に下げて持ち運ぶ、またはその道具という意味が語源。そして自宅の外という意味のヲカはホカに持ち運ぶことからきている[2]

出典[編集]

関連項目[編集]