岡崎生三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡崎 生三
生誕 1851年2月3日
土佐国
Japanese crest Tosa kasiwa.svg 土佐藩
死没 (1910-07-27) 1910年7月27日(59歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871年 - 1910年
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

岡崎 生三(おかざき せいぞう、1851年2月3日嘉永4年1月3日) - 1910年(明治43年)7月27日)は、日本の陸軍軍人華族。最終階級は陸軍中将男爵

経歴[編集]

土佐藩士・岡崎俊蔵の長男として生まれる。戊辰戦争出征後の1871年(明治4年)、御親兵として上京し陸軍軍曹、権曹長と昇進し、1872年(明治5年)、陸軍中尉に進む。東京鎮台付などを歴任し、1877年(明治10年)3月から10月まで西南戦争に出征。歩兵第1連隊大隊長、歩兵第6連隊大隊長、大阪鎮台参謀近衛歩兵第4連隊大隊長などを経て、1889年(明治22年)11月、東宮武官に就任する。

後備歩兵第1連隊長、留守第4師団参謀長などを経て、1895年(明治28年)11月、威海衛占領軍参謀長に就任し1898年(明治31年)5月まで駐留した。参謀本部付、第4師団参謀長などを歴任し、1901年(明治34年)2月、陸軍少将に進級。日露戦争では歩兵第15旅団長として出征し、沙河会戦まで指揮を行った。歩兵第20旅団長などを経て、1906年(明治39年)7月、陸軍中将に昇進し第13師団長に親補された。1907年(明治40年)9月、男爵を叙爵し華族となる。1910年6月に待命となり、翌月に死去した。

栄典[編集]

位階
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  2. ^ 『官報』号外「敍任及辞令」1896年5月14日。
  3. ^ 『官報』第6426号「叙任及辞令」1904年11月30日。
  4. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  5. ^ 『官報』第7272号「授爵・敍任及辞令」1907年9月23日。
  6. ^ 『官報』第7808号・付録「辞令」1909年7月6日。
  7. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  8. ^ 『官報』第4810号「敍任及辞令」1899年7月14日。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
軍職
先代:
原口兼済
第13師団
第2代:1906年7月6日 - 1910年6月1日
次代:
長岡外史
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
岡崎(生三)家初代
1907年 - 1910年
次代:
岡崎正雄