岡崎慶輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡崎 慶輔(おかざき けいすけ、1979年1月11日 - )は、福岡市生まれのヴァイオリン奏者

経歴[編集]

4歳から母親にヴァイオリンの手ほどきを受け、後にスズキ・メソードで学んだ。13歳の時、ユーディ・メニューインの前で演奏し、才能を認められる。1993年に第6回北九州国際音楽祭で「TOTOクフモプライズ」を最年少(14歳)で受賞し、フィンランドのクフモ室内楽音楽祭に出演。 1994年に東京藝術大学附属高等学校に入学し、浦川宜也に、1996年からリューベック音楽大学及び1998年からケルン音楽大学ザハール・ブロンに師事した。1999年、文化庁芸術家在外研修員として引き続き同大学で研修する。2001年にベルン音楽大学に入り、イゴール・オジムに師事。2003年6月、同音楽大学ソリスト・ディプロマ課程を修了、最優秀卒業生として「Eduard-Tschumi-Preis」を受賞。2003年10月からモーツァルテウム音楽大学大学院課程で引き続き、イゴール・オジムに師事。2004年9月、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団カラヤン・アカデミーに入り、サイモン・ラトル安永徹ガイ・ブラウンシュタインの下で、ソリスト、室内楽及びオーケストラ奏者としての研鑽を積む。又、同楽団の元、名コンサート・マスターのミシェル・シュヴァルベや、ヘルマン・クレバース等に薫陶を受ける。

最近の活動[編集]

2005年に難関のミュンヘン国際音楽コンクールに優勝し、ドイツを中心にチェコ、ギリシャ、トルコ、日本等でオーケストラとの共演、リサイタル、及び室内楽など、数々の演奏活動を行なっている。 殊に、2006年からはミュンヘン国際音楽コンクールの各部門優勝者から成る、アウラータ・クインテット(Aurata Quintet) のメンバーとして、EU各地でのコンサートにも招待されている。透明感溢れる美しい響き、繊細で多彩な表現力は高い評価を得ている。 2000年12月にファースト・アルバム「岡崎慶輔デビュー!」のCDがリリース(デノン)されたが、8年後の2008年9月に同じくミュンヘン国際音楽コンクールピアノ部門の優勝者伊藤恵と組んで、セカンド・アルバム「クロイツェル&フランク」がリリースされ(フォンテック)、音楽評論専門の識者からも高評を得ている。 2010年~2011年シーズンよりチューリッヒ歌劇場にコンサートマスターとして正式に就任している。

共演(国内)[編集]

オーケストラ:

NHK交響楽団,東京交響楽団,日本フィルハーモニー交響楽団,群馬交響楽団,東京都交響楽団,九州交響楽団,読売日本交響楽団,名古屋フィルハーモニー交響楽団,神奈川フィルハーモニー管弦楽団,広島交響楽団,新日本フィルハーモニー交響楽団

指揮者: 大友直人小林研一郎秋山和慶藤岡幸夫大山平一郎小泉和裕高関健松尾葉子円光寺雅彦梅田俊明湯浅卓雄クリスティアン・アルミンクリュウ・シャオチャ ピアニスト: 伊藤恵江口玲寺嶋陸也イリーナ・メジューエワ永野栄子松本和将田部京子児玉桃

コンクール歴等[編集]