岡崎市民駅伝競走大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡崎市民駅伝競走大会
岡崎市民駅伝競走大会
開始年 1950年
主催 岡崎市民駅伝競走大会実行委員会
岡崎市
岡崎市教育委員会
公益財団法人岡崎市体育協会
中日新聞社
参加チーム数 324(2018年)
備考 7つの部門で競う
テンプレートを表示

岡崎市民駅伝競走大会(おかざきしみんえきでんきょうそうたいかい)は、毎年1月中旬に愛知県岡崎市で開催される駅伝大会。1950年(昭和25年)から続く同市の伝統行事であり、一般部門のほかに、市内のすべての市立中学校と高校が競い合う学生部門がある。

概要・沿革[編集]

1950年(昭和25年)1月、第1回の駅伝大会が開催される。大会名は「市内一周冬季耐寒駅伝大会」。当時のコースは、籠田公園前スタート→モダン通り北上→伊賀町→愛知県道39号岡崎足助線南下→国鉄岡崎駅→大平町→洞町→伝馬通り西進→康生北交差点左折→国道1号交差点左折→市役所玄関前ゴールであった[1]1951年(昭和26年)1月24日開催の第2回大会から市役所前スタートに変更される[2]

1953年(昭和28年)2月15日開催の第4回大会のコースは以下のとおり。市役所前→岩津町役場→矢作橋東→国鉄岡崎駅→美合駅→市役所前(5区間、27.2キロ)[3]

1973年(昭和48年)1月21日開催の第24回大会は完全往復のコース。愛知県岡崎総合運動場→滝町→大井野町岩中町須淵町茅原沢町生平町(以下、折り返し)[4]

1975年(昭和50年)1月19日開催の第26回大会のコースは以下のとおり。愛知県岡崎総合運動場→稲熊町箱柳町→田口町→板田町→岩中町→大井野町→米河内町→滝町→愛知県岡崎総合運動場[5]

その後1980年代に現行の約30kmのコースとなる。起終点は岡崎市体育館のある六名公園運動場。同公園の貯留池設置工事をきっかけとして1993年(平成5年)の第44回大会から岡崎中央総合公園入り口に起終点が変わった[6]

「中学校男子の部」「高校男子の部」「一般男子の部」の3部門制がしばらく続いたが、1999年(平成11年)の第50回記念大会から「中学校女子の部」「高校女子の部」が新設された。2006年(平成18年)には「一般女子の部」が加わった[7]。高校女子と一般女子のみ起点が異なり、渡町のライフコサージュ岡崎からスタートする。

2010年(平成22年)の第61回大会では史上2校目となる男女アベック優勝を竜海中学校が達成。なお、男女ともAチーム、Bチームの中でも優勝し完全優勝。小境基生監督は矢作中学校指導に続き2校目の男女アベック優勝達成となる。

大規模な交通規制をする都合上、運営側は「先頭走者が中継所を通過してから15分遅れたチームについては、各中継所審判役員の裁定で次の走者を出発させる」というルールを設けている。近年、強豪チームの出場により高速レース化し、繰り上げスタートが100チーム以上となっていたことから、2014年(平成26年)から一般男子を2部制に分けた。前年40位までに入ったチームと出場選手の持ちタイムが良いチームは従来のコース(29.9キロ)である「一般男子Ⅰ部」とし、そのほかを短縮コース(25.0キロ、渡橋経由)の「一般男子Ⅱ部」とした[8]。ところが優秀なチームが高順位をねらってⅡ部に参加しているため、繰り上げの基準となる先頭走者は常にⅡ部のチームとなる障害があらわれた。

2016年(平成28年)1月17日に行われた第67回大会は前年より32チーム増え、311チームが参加した[9]

2017年(平成29年)1月15日開催予定の第68回大会は、前日から降り続いた雪のため中止。大会中止は初めてのこととなった[10]。「白タスキ」チーム増加の問題を解消するために、同大会から「一般男子Ⅱ部」「高校女子の部」「一般女子の部」のスタート地点は渡橋南堤防道路三叉路に変わった。中継所も岡崎工業高校前が羽根小学校運動場に変わった

2018年(平成30年)1月21日に行われた第69回大会は、過去最多の324チームが参加した[11]。学生部門の優勝チームは「中学校男子の部」が竜海中学校A、「中学校女子の部」が六ツ美北中学校A、「高校男子の部」が岡崎城西高校・質、「高校女子の部」が光ヶ丘女子高校Aであった[12]。なお、光ヶ丘女子高等学校の陸上部は2017年12月24日に開催された全国高等学校駅伝競走大会に初出場し11位を記録している[13]

1949年(昭和24年)から始まった乙川殿橋下流の寒中水泳大会(河川の水質汚濁により1968年1994年は中断)とともに岡崎の「冬の風物詩」として知られる[14]

コース・チーム編成[編集]

大会当日、中日新聞社の旗が沿道の応援者に配られる。

「中学校男子の部」「中学校女子の部」「高校男子の部」「一般男子Ⅰ部」は10時スタート。「一般女子の部」は10時33分スタート。「高校女子の部」は10時34分スタート。「一般男子Ⅱ部」は10時35分スタート。「一般男子Ⅱ部」の女子選手の参加は1名のみとし、出走区間は自由とする。以下は2018年(平成30年)の第69回大会の新コース。

中学男子の部[編集]

区間 距離 起点 終点
1区 4.0km 中央総合公園モニュメント前 石垣新聞店前
2区 2.2km 石垣新聞店前 備長扇屋北岡崎店前
3区 3.4km 備長扇屋北岡崎店前 矢作神社
4区 3.1km 矢作神社下 渡橋南堤防道路三叉路
5区 3.2km 渡橋南堤防道路三叉路 大聖寺上堤防道路
6区 3.8km 大聖寺上堤防道路 岡崎市体育館
7区 2.4km 岡崎市体育館南 羽根小学校
8区 4.3km 羽根小学校 美合小学校
9区 3.4km 美合小学校 中央総合公園モニュメント前
29.8km

高校男子の部、一般男子Ⅰ部[編集]

区間 距離 起点 終点
1区 6.2km 中央総合公園モニュメント前 備長扇屋北岡崎店前
2区 3.4km 備長扇屋北岡崎店前 矢作神社
3区 6.3km 矢作神社下 大聖寺上堤防道路
4区 3.8km 大聖寺上堤防道路 岡崎市体育館南
5区 2.4km 岡崎市体育館南 羽根小学校
6区 7.7km 羽根小学校前 中央総合公園モニュメント前
29.8km

中学校女子の部[編集]

区間 距離 起点 終点
1区 2.2km 中央総合公園モニュメント前 カーマホームセンター
2区 1.8km カーマホームセンター前 石垣新聞店前
3区 2.2km 石垣新聞店前 備長扇屋北岡崎店前
4区 3.4km 備長扇屋北岡崎店前 矢作神社下
5区 2.5km 矢作神社下 渡橋河川緑地運動場前
12.1km

高校女子の部、一般女子の部、一般男子Ⅱ部[編集]

区間 距離 起点 終点
1区 3.2km 渡橋河川緑地運動場前 大聖寺上堤防道路
2区 3.8km 大聖寺上堤防道路 岡崎市体育館南
3区 2.4km 岡崎市体育館南 羽根小学校
4区 4.3km 羽根小学校 美合小学校
5区 3.4km 美合小学校 中央総合公園モニュメント前
17.1km

大会運営[編集]

  • 主催
岡崎市民駅伝競走大会実行委員会、岡崎市、岡崎市教育委員会、公益財団法人岡崎市体育協会、中日新聞社
  • 主管
岡崎陸上競技会
  • 後援
西三河陸上競技協会、岡崎葵ライオンズクラブ

脚注[編集]

  1. ^ 『岡崎市体育協会50年史』 岡崎市体育協会、1997年3月31日、50頁。
  2. ^ 東海新聞』1951年1月18日。
  3. ^ 『東海新聞』1953年1月29日。
  4. ^ 『市政だより おかざき』1973年1月1日号。
  5. ^ 『市政だより おかざき』1975年1月1日号。
  6. ^ 東海愛知新聞』1993年1月23日、「3部門に計121チーム 岡崎であす市民駅伝大会」。
  7. ^ 『第67回 岡崎市民駅伝競争大会』パンフレット、12頁。
  8. ^ “あす号砲 岡崎市民駅伝 過去最多270チーム出場”. 東海愛知新聞. (2014年1月18日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/140118.html 2016年1月24日閲覧。 
  9. ^ “岡崎市民駅伝あす号砲 過去最多311チーム”. 東海愛知新聞. (2016年1月16日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/160116.html 2016年1月24日閲覧。 
  10. ^ 中日新聞』2017年1月16日付朝刊、三河総合、25面。
  11. ^ 『中日新聞』2018年1月22日付朝刊、三河総合、11面、「岡崎市民駅伝 過去最高324チーム参加」。
  12. ^ “岡崎城西が7連覇 市民駅伝 2年ぶりの開催に歓声”. 東海愛知新聞. (2018年1月23日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/180123.php 2018年1月23日閲覧。 
  13. ^ 平成29年度 全国高等学校駅伝競走大会 大会結果 女子
  14. ^ 『岡崎市体育協会50年史』 岡崎市体育協会、1997年3月31日、24-25頁。

外部リンク[編集]