岡崎シビコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡崎シビコ
Okazaki CIBICO
Okazaki-Cibico-2.jpg
店舗概要
所在地 444-0059
愛知県岡崎市康生通西2丁目20−2
開業日 1976年6月1日
施設管理者 株式会社ユニホー 岡崎シビコ
商業施設面積 10,765m²
店舗数 44
営業時間 10:00-19:30
駐車台数 110台
最寄駅 東岡崎駅
最寄IC 岡崎IC
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

岡崎シビコは、愛知県岡崎市康生通西2丁目にあるショッピングセンターである(店舗の東半分は本町通1丁目)。1976年6月1日オープン[1][2]

歴史[編集]

シビコ3号館に入っている「岡崎日本語学校」

もともとこの場所には核店舗を持たないたつき百貨店があったが、1965年には核テナントとしてオカダヤ(後のジャスコイオン)が入った。

岡崎市中心街にショッピングセンターを建設せんとする「岡崎市本町康生西第二市街地再開発組合」は新しいビルの名前を公募。県内外から1.519点が集まり、審査の結果、額田郡幸田町の市民が考えた「シビコ」が採用された[3]

1976年6月1日、ショッピングセンター「シビコ」のうち、新天地ビル、たつきビルがオープン。

1977年7月5日、「シビコ」のうち、中央ビル、岡崎相互ビルがオープン[4]

1997年の収入は約3億7000万円だったが、1998年にジャスコが撤退して専門店のみとなり、2015年の収入は約1億3000万円に減った。近くには百貨店など3つの大型商業ビルがあったが、いずれも閉店してマンションなどとなった。岡崎市中心市街地の年間小売販売額は、1997年の479億円から2007年には238億円にまで減少している。上層階はテナント不足から閉鎖されている。

あいちトリエンナーレの会場として、2013年は上層階が、2016年は上層階と1階が使用された。

2018年、長野県松本市に拠点を置く学校法人理知の杜が3号館に岡崎日本語学校を開校した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 東海新聞』1976年5月22日、1面、「大型SC『シビコ』第一陣 新天地、たつき両ビル 26日完工式、6月1日オープン」。
  2. ^ 『愛知新聞』1976年5月22日、1面、「新天地ビルシビコ完成 来月一日からオープン 岡崎市 一年後には中央、相互ビルも」。
  3. ^ 『東海新聞』1976年5月5日、1面、「石川さんの『シビコ』採用 本町康生西第二再開発 新しいビルの名前決まる」。
  4. ^ 『新編 岡崎市史 現代 5』新編岡崎市史編さん委員会、1985年12月28日、616-621頁。
  5. ^ “教育に適した環境 康生地区に日本語学校”. 東海愛知新聞. (2018年11月21日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/181121.php 2018年11月24日閲覧。 

外部リンク[編集]