岡山県道389号吉備津松島線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
岡山県道389号標識

岡山県道389号吉備津松島線(おかやまけんどう389ごう きびつまつしません)は岡山県岡山市北区吉備津倉敷市松島を結ぶ一般県道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:岡山県岡山市北区吉備津・吉備津神社前交差点(国道180号交点)
  • 終点:岡山県倉敷市松島・松島北交差点(岡山県道162号岡山倉敷線交点)
  • 総延長:6.64km
  • 実延長:6.25km

沿革[編集]

  • 1966年4月19日 岡山県告示第241号により認定される。
    • 前身は岡山県道大鳥居大橋線および岡山県道大鳥居松島線。岡山県道大鳥居大橋線が1961年昭和36年)3月31日時点で延長がわずか560mしかなかったために路線統合が図られたものと思われる。
  • 1971年1月8日 吉備郡高松町が岡山市に編入されたことに伴い起点の地名表記が変更される。
  • 1971年3月8日 都窪郡庄村が倉敷市に編入されたことに伴い終点の地名表記が変更される。
  • 1972年 岡山県の県道番号再編(固定番号制導入)により現行の路線名称・路線番号に変更される。

路線状況[編集]

  • 起点 - 吉備津神社前間は吉備津神社の参道であり、並木道になっている。但し道幅は狭い。
  • 倉敷市上東 - 倉敷市二子間に本路線のバイパス(上下4車線、その道を岡山方面へずっとまっすぐ行くと新幹線側道になり、倉敷方面に行くとイオンモール倉敷方面に行ける)が開通し、後に倉敷市山地 - 二子の旧道は倉敷市道となった。
  • 起点(岡山)方面のバイパスは、吉備津 - 倉敷市日畑 - 納所 - 川入 - 中撫川を南北に結ぶ2車線新道、そこから西の新岡倉大橋を含む4車線区間である。

主な橋梁[編集]

  • 日畑(ひばた)橋(倉敷市日畑、足守川
  • 新岡倉大橋(岡山市北区中撫川~倉敷市日畑、足守川)

重用区間[編集]

バイパス

  • 岡山県道73号箕島高松線(倉敷市上東)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 岡山市(北区) - 倉敷市

接続道路[編集]

  • 国道180号(岡山市北区吉備津・吉備津神社前交差点〔起点〕)
  • 岡山県道700号岡山総社自転車道線(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道700号岡山総社自転車道線(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道700号岡山総社自転車道線(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道245号真金吉備線(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道700号岡山総社自転車道線(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道700号岡山総社自転車道線(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道245号真金吉備線(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道389号吉備津松島線バイパス(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道73号箕島高松線(倉敷市西尾)
  • 岡山県道73号箕島高松線・岡山県道389号吉備津松島線バイパス(倉敷市上東)
  • 岡山県道162号岡山倉敷線(倉敷市松島・松島北交差点〔終点〕)

バイパス

  • 岡山県道389号吉備津松島線現道(岡山市北区吉備津)
  • 岡山県道73号箕島高松線(倉敷市上東・ばら園北口交差点)
  • 岡山県道73号箕島高松線・岡山県道389号吉備津松島線現道(倉敷市上東)

沿線[編集]

主要施設

名所・旧跡・観光地

関連項目[編集]