岡山県道241号長野高松線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
岡山県道241号標識

岡山県道241号長野高松線(おかやまけんどう241ごう ながのたかまつせん)は、岡山県岡山市北区長野から高松(備中高松)に至る一般県道

概要[編集]

最上稲荷の大鳥居

岡山県最大の稲荷神を祀る最上稲荷への参拝道路としての機能を持つ路線である。終点部の近くには大鳥居があり、その下をくぐる。

路線データ[編集]

  • 起点 : 岡山県岡山市北区長野
  • 終点 : 岡山県岡山市北区高松原古才
  • 路線延長 : 4.0 km(実延長)[1]

歴史[編集]

年表[編集]

路線状況[編集]

最上稲荷への参拝客が多く訪れる時期(年末年始節分など)には渋滞が発生する。特に大晦日から正月三が日にかけては交通規制も敷かれる[3]

道路施設[編集]

  • 大鳥居 (北区高松)
  • JR吉備線稲荷参道踏切 (北区高松)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 岡山市(北区)

交差する道路[編集]

路線バス[編集]

周辺[編集]

最上稲荷
備中高松城 本丸址公園

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]