岡山県道195号神島外港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
岡山県道195号標識
岡山県道195号神島外港線
(こうのしまそとこうせん)
路線延長 6.8km
道路の方角 西 ⇒ 北東
西端 岡山県笠岡市神島外浦
神島外港西手
岡山県道433号青島新開神島外港線
北端 岡山県笠岡市入江
国道2号笠岡バイパス側道〕)
接続する
主な道路
記法
岡山県道433号青島新開神島外港線
笠岡市道横島90号美の浜入江線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

岡山県道195号神島外港線(おかやまけんどう195ごう こうのしまそとこうせん)は、岡山県笠岡市神島南岸の神島外港西手から神島南岸を通って神島大橋を渡り、笠岡市入江で国道2号笠岡バイパス〔側道〕に接続する一般県道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

歴史[編集]

神島大橋が架橋されるまでは、笠岡市の神島地内(神島内浦)と横島地内(瀬戸)の間を渡し舟(瀬戸の渡し)で往来していた。その後、1956年昭和31年)2月から県道神島外浦寄島線フェリーボードが就航し、本土から貨物自動車の渡船が可能となる。ところが、乗り換え時間や待ち時間、天候に左右されることが多く、問題となり架橋計画が持ち上がる。笠岡市や地元民からの強い要望によって、1966年(昭和41年)から岡山県が神島大橋の架橋工事を開始し、1970年(昭和45年)3月31日に神島大橋が開通。現在の路線経路となる。

沿革[編集]

路線状況[編集]

車線数は1.5車線 - 2車線。笠岡市の神島地内(内浦) - 入江地内にかけては、暫定的に国道2号笠岡バイパスを補完する役割を果たしている。

重複区間[編集]

  • 国道2号笠岡バイパス 暫定ルート
    ただし、国道指定はされていない。(神島大橋の北側に国道としての新架橋を計画しているため。)

道路施設[編集]

笠岡港のある入江を渡る神島大橋

神島大橋[編集]

  • 橋長: 170m (開通当時: 170m)
  • 幅員: 7.5m (開通当時: 6.25m)
  • 満潮海面からの高さ: 18m

異常気象時通行規制区間[編集]

  • 笠岡市神島外浦 (正砂・水落 間 1.70km)
    時間雨量:連続100mmは通行注意、40mmまたは連続180mmは通行止。

参考資料

地理[編集]

通過自治体[編集]

  • 岡山県
    • 笠岡市

接続道路[編集]

  • 岡山県道433号青島新開神島外港線 (笠岡市神島外浦、神島外港西手)
  • 岡山県道433号青島新開神島外港線 (笠岡市神島、神島駐在所北手)
  • 笠岡市道横島90号美の浜入江線 (笠岡市横島、道通神社駐車場南手)
  • 国道2号笠岡バイパス〔側道〕(笠岡市入江、道通神社駐車場東手)

港湾[編集]

名所[編集]

名物・名産品[編集]

文化[編集]

並行する旧街道[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『岡山県統計年報』 内、『道路現況調』 県道路整備課 (岡山県庁)。
  2. ^ 『岡山県公報』 第11258号、岡山県庁、2011年平成23年)3月11日。

参考文献[編集]

  • 『岡山県公報』、岡山県庁
  • 『岡山県統計年報』、岡山県庁。
  • 『広報 かさおか』、笠岡市役所。
  • 笠岡市クイズ王選手権テキスト・問題作成委員会編 『笠岡ふるさとガイド』、笠岡市役所、2007年平成19年)10月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]