岡冨俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡冨俊一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1961-08-05) 1961年8月5日(56歳)
身長 160cm
体重 53kg
血液型 B
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 栗東中村覚之助
→フリー
→栗東・上田三千夫
→フリー
→栗東・田所清広
初免許年 1982年
免許区分 平・障
騎手引退日 2003年4月20日
重賞勝利 13勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 230勝
テンプレートを表示

岡冨 俊一(おかとみ しゅんいち、1961年8月5日-)は日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンターに所属する調教助手で元騎手鹿児島県出身。

来歴[編集]

馬事公苑の騎手養成所を経て、1982年に騎手免許を取得し、中村覚之助厩舎よりデビュー。初騎乗は同年3月6日中京競馬第5競走のインターカークで4着(9頭立て)。初勝利は同年6月6日阪神競馬第11競走のリニアキングであった。[1]

1983年に阪神障害ステークス(春)をキョウエイウオリアで勝ち、初重賞勝利。翌1984年優駿牝馬(オークス)で中村覚之助の息子である中村均が管理するトウカイローマンに騎乗し、25頭中9番人気ながら2着ダイアナソロンに1馬身3/4差をつけて勝ち、G1競走(八大競走)初勝利を挙げた。

その後はヤマニンアピール[2]を筆頭に障害競走で実績を残したが、1989年3月12日の阪神大賞典ナムラモノノフに騎乗。レース前に「8着に入れば上出来」と言っていたが、早めに抜け出したところを1番人気のスルーオダイナが迫って並んだところで入線、写真判定の結果、鼻差だけ凌ぎ、久しぶりの平地重賞勝利となった。レース後に「ゴール板を過ぎても、勝ったかどうかは確信が持てなかった。着順が出てからも、早く確定して欲しいって頭の中はそれだけ。本当にうまくはまりました」と振り返った。[3][4]

ナムラモノノフには1991年の京都大障害(春)でも騎乗して勝利しており、同じ馬に騎乗して平地と障害で重賞を勝つという記録を作った。これは岡冨が初めて達成したものである。

2003年4月20日に騎手を引退し、田所清広厩舎の調教助手に転身した。

脚注[編集]

  1. ^ JRA公式ウェブサイト
  2. ^ この馬も中村均が管理していた
  3. ^ ナムラモノノフ(平成元年 阪神大賞典)- 日本中央競馬会公式ウェブサイト
  4. ^ 2着のスルーオダイナは直線で斜行して他馬の進路を妨害し、失格となった。

関連項目[編集]