岐阜県道80号美濃川辺線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
岐阜県道80号標識

岐阜県道80号美濃川辺線 (ぎふけんどう80ごう みのかわべせん)は、岐阜県美濃市から同県加茂郡川辺町に至る主要地方道である。

概要[編集]

乳岩神社付近の狭隘な峠道(関市下之保・2008年撮影)

岐阜県道81号美濃洞戸線とともに全線に渡り、未整備な区間が多いため、洞戸川辺間主要地方道改良整備促進期成同盟会が結成され、早期の整備を求める立看板が各所に立てられている。

路線データ[編集]

岐阜県法規集[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

  • 起点 : 岐阜県美濃市(泉町交差点=国道156号交点)
  • 終点 : 岐阜県加茂郡川辺町(中川辺=岐阜県道371号交点)
  • 重要な経過地 : なし
  • 路線延長 : 23.84 km[要出典]

路線状況[編集]

美濃市泉町の国道156号交点が起点。起点付近は美濃市の市街地を通る。この付近は「うだつの町並み通り」として有名である。美濃市の広岡町交差点で左に折れ、長良川鉄道美濃市駅の方向へ向かう。旧名鉄美濃駅前をまた左折し、長良川鉄道と東海北陸自動車道をくぐる。見坂峠を越え、関市(旧武儀郡武儀町)に入る。関市下之保の殿村交差点で岐阜県道58号関金山線に接続、数百メートル重複する。岐阜県道58号関金山線から左方向にそれ、轡野の集落の手前で細道に右折する。すれ違いできない細道の峠を越えると美濃加茂市に入る。三和町廿屋からは道幅がやや広がり、廿屋川沿いに進み、川浦川との合流点付近で岐阜県道97号富加七宗線と一時重複する。再び峠道となり、鯉下峠を越えると、加茂郡川辺町に入る。JR高山本線の踏切を越えた川辺町中川辺の岐阜県道371号美濃加茂川辺線交点が終点。

通称[編集]

  • 美濃川辺どんぐり街道

重複区間[編集]

岐阜県道58号、63号との重複区間(関市下之保・2008年撮影)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

見坂峠(2008年撮影)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 県道の路線認定(昭和52年2月27日岐阜県告示第120号)”. 岐阜県法規集. 岐阜県. 2013年7月28日閲覧。

関連項目[編集]