岐阜県道59号北野乙狩線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
岐阜県道59号標識
起点の北野西。
乙狩。

岐阜県道59号北野乙狩線 (ぎふけんどう59ごう きたのおとがりせん)は、岐阜県岐阜市山県北野東沖から岐阜県美濃市乙狩岩鼻に至る主要地方道(岐阜県道)である。

概要[編集]

岐阜市北西部、三輪地区の岐阜県道93号川島三輪線を起点に、関市武芸川町を通り、坂の峠を越え、関市洞戸(旧洞戸村)をかすめて、美濃市乙狩の岐阜県道81号美濃洞戸線までを結んでいる。途中関市武芸川町谷口には、寺尾ヶ原千本桜公園があり、県道59号沿い両側約2kmにわたって、2000本余りの並木が続き、壮麗な「桜のトンネル」をつくる。4月上旬から中旬にかけてが見頃。

路線データ[編集]

  • 起点:岐阜県岐阜市山県北野東沖(岐阜県道93号川島三輪線交点)
  • 終点:岐阜県美濃市乙狩岩鼻(岐阜県道81号美濃洞戸線交点)
  • 実延長:15.32km
  • 1994年4月路線認定。
  •  かつて岐阜県道59号は恵那川辺線で使用されていたが、1982年4月に大部分が国道418号に編入されたため1983年3月から欠番になっていた。

路線状況[編集]

別名[編集]

  • 長良川百日紅街道(岐阜市、山県市、美濃市)
  • 寺尾千本桜街道(関市)

道路施設[編集]

地理[編集]

途中、武儀川長良川支流)を渡る。坂の峠を越えると寺尾ヶ原千本桜の桜並木。終点直前で板取川長良川支流)を渡る。

通過する自治体[編集]

接続路線[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]