岐阜県立加納高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岐阜県立加納高校から転送)
移動先: 案内検索
岐阜県立加納高等学校
Kano-Senior-Highschool Gifu01.JPG
国公私立の別 公立高校
設置者 岐阜県の旗 岐阜県
学区 岐阜学区
併合学校 岐阜県加納女子高等学校
岐阜県岐阜第二高等学校
校訓 白梅精神(理想 英智 友愛)
設立年月日 1916年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
美術科
音楽科
学期 2学期制
高校コード 21105C
所在地 500-8276
岐阜県岐阜市加納南陽町三丁目17番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
岐阜県立加納高等学校の位置(岐阜県内)
岐阜県立加納高等学校

岐阜県立加納高等学校(ぎふけんりつ かのうこうとうがっこう)は、岐阜県岐阜市加納南陽町三丁目にある公立高等学校。第4回全国高等学校クイズ選手権の優勝校でもある。

学校概要[編集]

  • 学科 全日制普通科音楽科美術科
    • 8クラスの普通科、各1クラスの音楽科・美術科を設置している。
  • 制服
    • 男子は詰襟の学生服、女子はセーラー服が指定されている。また、スカートの紺色のリボンは、旧加納高等女学から引き継いだものという。また、女子の夏服のセーラー服が平成26年度より導入された。
  • 校章
    • 白梅を象ったもの。旧岐阜二中から引き継いだもので、旧岐阜中学(現:岐阜高校)の校章の桜に対抗して設定したといわれている。
  • スクールカラー
    • 「橙色」:誠実・明朗・親愛・進取を示している。

沿革[編集]

加納高等女学校[編集]

  • 1916年 - 岐阜県立女師範学校併設の岐阜県立加納高等女学校を創設。(同校ではこの年をもって創立としている)
  • 1923年 - 岐阜県加納高等女学校へ改称。
  • 1945年 - 岐阜県立女師範学校から分離独立。
  • 1948年 - 学制改革により、岐阜県加納女子高等学校へ改称。

岐阜第二中学校[編集]

  • 1928年 - 岐阜県岐阜第二中学校を創設。
  • 1948年 - 学制改革により、岐阜県岐阜第二高等学校へ改称。

岐阜県立加納高等学校[編集]

姉妹校[編集]

特色[編集]

学区[編集]

  • 普通科・美術科:県内全ての学区からの受験が可能(普通科は2018年より)
  • 音楽科:県内全ての学区から受験が可能のほか、2018年より県外からの受験も可能。

教育面[編集]

  • 岐阜県の高校では一般的な二期制を実施している。
  • 2001年から1限65分の授業を実施していたが、2009年度から1限50分授業とし、一日6限または7限実施している。
  • 音楽科・美術科は各学年ともそれぞれの専門科目が全授業の三分の一以上を占めている。

学校行事[編集]

部活動[編集]

運動系
  • 陸上競技部
  • 卓球部
  • 水泳部
  • バスケットボール部
  • バドミントン部
  • ソフトテニス部
  • ハンドボール部
  • 硬式野球部
  • 空手道部
  • バレーボール部
  • サッカー部
  • 剣道部
  • テニス部
  • 柔道部
文化系
  • 文芸部
  • 演劇部
  • 合唱部
  • 書道部
  • 自然科学部
  • 茶菓部
  • 写真部
  • 放送部
  • ホームメイド部
  • 新聞部
  • 吹奏楽部
  • インターアクト部
  • 地域研究部
  • 美術同好会
  • 囲碁・将棋部

進路状況[編集]

普通科の9割以上の生徒が四年制大学に進学する。

著名出身者[編集]

最寄駅[編集]

  • JR岐阜駅(中央南口)より徒歩25分(約1.5㎞)
  • 名鉄岐阜駅より徒歩30分
  • 岐阜バス 加納島線「加納高校前」バス停、または加納南線「南陽町・加納高校前」バス停

関連項目[編集]