岐阜県立中津川工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岐阜県立中津川工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岐阜県
校訓 誠実信頼
設立年月日 1944年2月25日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 機械科
電気科
建設工学科
電子機械科
学期 3学期制
高校コード 21154A
所在地 509-9131
岐阜県中津川市千旦林1521-3
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
岐阜県立中津川工業高等学校の位置(岐阜県内)
岐阜県立中津川工業高等学校

岐阜県立中津川工業高等学校(ぎふけんりつ なかつがわこうぎょうこうとうがっこう)は、岐阜県中津川市にある公立全日制工業高校

学校内では本校のことを中工(ちゅうこう)と呼ぶが、他校生や地元住民は単に工業と呼ぶことが多い。

学校概要[編集]

  • 創立 1944年昭和19年)
  • 学科
    • 機械科
    • 電気科
    • 建設工学科(2年生より、専門科目のみ建築コース専攻と土木コース専攻に分かれる)
    • 電子機械科
  • 所在地 中津川市千旦林1521-3
  • 校訓 誠実信頼

沿革[編集]

  • 1944年(昭和19年)2月 - 岐阜県中津工業学校創立
  • 1948年(昭和23年)4月 - 岐阜県立中津工業高等学校と改称
  • 1948年(昭和23年)8月 - 岐阜県立中津高等学校に統合(中津高等学校工業科)、中津川市上金に移転
  • 1963年(昭和38年)1月 - 中津高校より独立、中津川工業高等学校として現在地に移転。土木科・建築科・機械科・電気科設置
  • 1987年(昭和62年)4月 - 土木科・建築科を廃し建設工学科・電子機械科設置。建設工学科・電子機械科、機械科、電気科の4学科体制となり、現在に至る。

特色[編集]

通学区[編集]

学校所在地は東濃学区に位置するが、専門学科のため県内全域から受験可能。

中津川市・恵那市周辺唯一の工業高校であり旧恵那郡を含む中津川市内および恵那市からの通学者が大半を占めるが、加茂郡東白川村や瑞浪・多治見方面からも生徒が集まる。

(この地域に限らず、遠方からの生徒は総じて自宅からの通学が困難なため、学校近くの民間経営の学生寮に下宿する場合が多い。)

制服・伝統[編集]

かつては、公立高校には珍しくカッターシャツベルトに至るまで校章入りの学校独自のものが指定されていた(はキャンバス地の白色デッキシューズ、校章はなし)が、現在では詰襟の学生服(女子はブレザー)・スカイブルーの夏季カッターシャツ以外は、概ね自由となっている。

行事[編集]

毎年、9月初旬に、各科対抗形式(機械科:南軍(赤)・電気科:北軍(青)・建設工学科:東軍(黄)・電子機械科:西軍(白))で行われる体育祭は県内有数のスケールを誇る。中でも、応援合戦は学校全体で非常に力を入れており、演目は各科それぞれの伝統を重んじる。老若男女問わず、中津川市内や恵那市はもとより遠くは名古屋市方面からも観覧に訪れる人がいる。

11月初旬には2日間にわたり「仰星祭」(ぎょうせいさい)と名づけられた文化祭が催される。近隣中学校の学校見学会を併催し、一般にも公開されている。その他には春に学年別の遠足、学年・科別の社会見学、2年生対象の修学旅行(沖縄)、職場体験(インターンシップ)等があり、専門高校ならではの様々な経験や学習ができる。

部活動[編集]

以前は、「生徒は何らかの部活動に必ず参加すること」とされていたが、2018年頃より、その制限はなくなり、部活動への加入は自由となった。しかし、2019年現在も、ほぼ全員の生徒が、何らかの部活動に所属し、文武両道の精神のもと、学校生活を楽しんでいる。

各部とも様々なところで成績を残しているが、特にバスケットボール部は県内でも有数の強豪校である。

バレーボール部も、東濃地区の大会で優勝するなど、実力を上げてきている。

電気工学研究部(電気科)は、高校生ものづくりコンテスト(電気工事部門)で、県下一となって、例年、東海大会や全国大会に出場している。

さらに、吹奏楽部は70名近い部員を有し、夏と冬にコンサートを開催したり、数多くの地域のイベントに出演するなど、熱心に活動している。

  • 運動系
    • 陸上競技部
    • バレーボール部
    • 硬式野球部
    • バスケットボール部
    • 卓球部
    • テニス部
    • 柔道部
    • 剣道部
    • サッカー部
    • 弓道部
  • 文化系
    • 美術部
    • 吹奏楽部
    • 機械工学部
    • 電子機械研究部
    • 建設工学部
    • 電気工学研究部

ものづくりコンテスト[編集]

  • 第3回(平成15年度)高校生ものつくりコンテスト全国大会 梁製作部門 第3位
  • 第6回(平成18年度)高校生ものつくりコンテスト全国大会 橋梁製作部門 第3位
  • 平成18年度 岐阜県ものづくりコンテスト(7部門中6部門参加)

 電気工事部門(電気科)優秀賞(東海大会へ)木材加工部門(建設工学科)最優秀賞(東海大会へ)橋梁模型部門(建設工学科)最優秀賞・優秀賞

  • 平成19年度 岐阜県ものづくりコンテスト(7部門中6部門参加)

 電気工事部門(電気科)最優秀賞(東海大会へ)木材加工部門(建設工学科)最優秀賞・優秀賞(東海大会へ)測量部門(建設工学科)最優秀賞(東海大会へ)

  • 電気工事部門 について
   H19,20,21,23,24,25,26年度、計9名が県大会を1位または2位で通過し東海大会へ出場
   H23年度 東海大会 準優勝と4位
   H24年度 東海大会 初優勝(岐阜県としても初代表となる) 同年度 全国大会初出場
   H25年度 東海大会 3位、4位
   H25年度 第8回若年者ものづくり競技大会にて第一位 厚生労働大臣賞受賞(全国大会で初優勝)
   H26年度 東海大会 優勝 全国大会へ

進路状況[編集]

  • 工業で学んだことを生かした地元優良企業への学校推薦による就職、公務員試験を経ての就職、四年制大学や専門学校へ指定校推薦による進学などで、3年生のほぼ全員の生徒が就職先や進学先を決定している。
  • 就職者と進学者の割合は、年度による差はあるが、概ね就職者が6~8割、進学者が4~2割であるが、近年は、地元優良企業や全国規模の大手企業への就職状況が極めて良好であるため、就職者が8割近い年もある。
  • 工業の専門技術や技能を身に付けた生徒は、企業から高く評価されており、求人倍率は、約9倍以上(2018年度実績)と、抜群の実績を上げている。(毎年、就職希望者の就職内定率は、ほぼ100%で、全員が正社員として内定している。)
  • 就職先としては官公庁関連や公団自治体職員、大手企業から地元優良企業、自営業まで多岐に渡る。進学は主に私立大学の工学部などや各種専門学校等。
  • 近年は、地元の中津川に中核工業団地ができるなど、工業の「ものづくり産業」が盛んな土地柄であり、多くの卒業生が地元の企業で活躍し、地域経済を支えている。
  • さらに、学校に至近のJR美乃坂本駅北側(学校側)に、リニア中央新幹線の岐阜県駅や大規模車両基地が、2027年を目途に開設されることが決まっており、今後、大きな発展が期待される場所に位置していることも利点である。
  • 最新の統計(2018年度)では就職が8割、進学が2割程度であり、就職先企業名、進学先学校名が、学校のホームページで公開されている。

著名な卒業者[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]