岐阜大学工業短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岐阜大学工業短期大学部
大学設置/創立 1959年
廃止 1994年
学校種別 国立
設置者 文部省
本部所在地 岐阜県岐阜市柳戸1-1
学部 機械工学科第二部
工業化学科第二部
土木工学科第二部
繊維工学科第二部
電気工学科第二部
テンプレートを表示

岐阜大学工業短期大学部(ぎふだいがくこうぎょうたんきだいがくぶ、英語: Junior College of Technology, Gifu University[1])は、岐阜県岐阜市柳戸1-1に本部を置いていた日本国立大学である。1959年に設置され、1994年に廃止された。大学の略称は岐大工短または岐阜工短、工短[2]。学生募集は1991年度まで。1992年度より岐阜大学工学部に夜間主コース[3]を設置したことに伴い、短期大学は学生募集を停止し、1994年3月31日廃止[4]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 岐阜大学工業短期大学部は1959年、岐阜大学工学部に併設された日本国立短期大学。当初は2つの学科からスタートしたが順次学科の増設により最終的には5学科となる。

学風および特色[編集]

  • 岐阜大学工業短期大学部は、勤労学生に大学教育を開放することのねらいから夜間部が設置されており、全学科3年制となっていた。
  • 他大学・短期大学卒業生には、2年次編入学が実施されていた[5]

沿革[編集]

  • 1959年 稲葉郡那加町門前町[6]岐阜大学工業短期大学部開学される。
    • 機械科第二部
    • 工業化学科第二部
  • 1965年 学科を増設。
    • 土木科第二部:在籍者数は30(女子0)[7]
    • 繊維科第二部:在籍者数は31(うち女子1)[7]
  • 1966年 電気科第二部を増設:在籍者数は35(女子0)[8]
  • 1969年 学科名を変更。
    • 機械科→機械工学科
    • 電気科→電気工学科
    • 土木科→土木工学科
    • 繊維科→繊維工学科に其々改称。
  • 1981年 岐阜市にキャンパス移転する。
  • 1991年 最後の学生募集となる。
  • 1994年3月31日廃止[4]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 岐阜県岐阜市柳戸1-1

象徴[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 機械工学科第二部
  • 工業化学科第二部
  • 土木工学科第二部
  • 繊維工学科第二部
  • 電気工学科第二部

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

学生生活[編集]

学園祭[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:工学部とキャンパス共用。
現在の岐阜大学工学部。かつては、ここに工業短期大学部が併設されていた

学生食堂[編集]

  • 岐阜大学工学部と共同使用されていた。

[編集]

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 岐阜大学工学部への編入学制度があった[9]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110002295630より
  2. ^ 岐阜大学関係者間での呼称。
  3. ^ ただし、2007年に廃止された。
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』242頁より。
  5. ^ a b 1990年度用『全国短期大学受験案内』(晶文社)46頁より。
  6. ^ 後の市制制度により各務原市
  7. ^ a b 昭和41年度版『全国学校総覧』23頁より。
  8. ^ 昭和41年度版『全国学校総覧』24頁より。
  9. ^ a b 87全国短期大学案内』(教学社)213頁より。
  10. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

関連項目[編集]

関連書物[編集]

  • 『岐阜工短三十五年の歩み』:1994年、閉学記念として発行された短期大学史料。

関連サイト[編集]