岐阜中央病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 岐阜中央病院
岐阜中央病院
情報
正式名称 医療法人社団誠広会 岐阜中央病院
英語名称 Gifu Central Hospital
前身 誠広会病院
→岐阜リハビリテーション病院
標榜診療科 内科、消化器科、循環器科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科、矯正歯科、小児歯科
許可病床数

352床
一般病床:296床



療養病床:56床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
付加機能評価(緩和ケア機能)
開設者 医療法人社団誠広会
管理者 近藤博昭(院長)
開設年月日 1983年4月
所在地
501-1151
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
二次医療圏 岐阜
PJ 医療機関
テンプレートを表示

医療法人社団誠広会 岐阜中央病院(いりょうほうじんしゃだんせいこうかい ぎふちゅうおうびょういん)は、岐阜県岐阜市にある医療法人社団誠広会が運営する病院。1983年に開設された誠広会病院を前身とするの病院である。同じ「誠広会」が運営する病院として同市内に平野総合病院が、また系列病院として早徳病院がある。

概要[編集]

岐阜中央病院は診療科11科、病床数352床(一般296床、療養56床)を有す岐阜市北部を代表する病院の一つである。日本医療機能評価機構認定病院。救急指定病院として岐阜県知事により告示されている。

岐阜大学医学部附属病院を除けば岐阜市北部で最大規模の病院であり、岐阜市北西部や隣接する北方町地域医療を担っている。多くの診療科を持つ病院であるが、前身の名前にもあるように特にリハビリテーション医療に特徴があり、岐阜地域リハビリテーション広域支援センターの機関指定も受けている。本院は岐阜県内でも屈指の規模を持つリハビリテーション施設を有しており、通院・入院リハビリはもちろん訪問リハビリやデイケアによるリハビリにも対応しており、リハビリテーション科医師4名(2008年2月時点)を含む約50名のスタッフによって理学療法作業療法言語療法のいずれも可能となっている。また県内で初めて回復期リハビリテーション病棟が設置されたのも本院であり、脳神経外科関連の疾患や術後のリハビリ期などに用いられている。

終末期医療においては、岐阜中央病院には28床からなる緩和ケア病棟ホスピス)を有しており、日本医療機能評価機構にも付加機能として認定されている。緩和ケア病棟の設置は岐阜県では本院が唯一[1]であることから、岐阜県においては緩和医療の中心的な役割を担っている。また慢性期医療や終末期医療だけでなく、本院は急性期医療に関しても力を入れており、救急医療に関しては二次救急病院として年間1200~1500台の救急搬送・5000人前後の救急患者を受け入れている。2007年7月には心臓カテーテル室が設置され、循環器科の診療機能拡大が図られている。そのほか脳神経外科病棟には脳卒中センターとしての機能を有している。

設備面においてはMRI16列マルチスライスCTマンモグラフィなど多数の高度医療機器を備えている。また2007年7月には前述の心臓カテーテル室の整備と共に、岐阜県内で4番目・岐阜地区では岐阜県総合医療センターに次ぐ2番目にPET-CTが導入されており、がん診断などに用いられている。施設面においては、本院は1999年に現在の場所に移転され、それと同時に緩和ケア病棟などが整備されている。また回復期リハビリテーション病棟やHCU、亜急性期病床が整備されており、症状に応じた対応が可能となっている。そのほか本院には天然温泉に入浴することができる温泉棟や人工透析センターなどが設置されている。なお本院は健康増進法に基づいて駐車場なども含め敷地内においては全面禁煙となっている。

その他の特徴として、岐阜中央病院の近隣には姉妹法人となる「社団法人誠広会」が運営している「ケアハウス やすらぎの里 川部苑」や「特別養護老人ホーム やすらぎの里 川部苑」があり、本院併設の訪問看護ステーションやデイケアセンターも含め、介護分野においても地域の拠点となっている。また本院は作業療法士理学療法士など医療技術者の実習学校に指定されている。そのほか、本院と平野総合病院の間を結ぶバスが運行されている。

診療科[編集]

専門外来[編集]

  • 緩和ケア科外来
  • 心臓外来(内科)
  • 漢方外来(内科)
  • 糖尿病内分泌(内科)
  • 乳腺外来(外科) ほか

施設概要[編集]

  • 外来各科
  • 一般病床
  • HCU
  • 回復期リハビリテーション病棟
  • 緩和ケア病棟
  • 中央手術室・中央材料室
  • 温泉棟
  • PETセンター
  • 脳卒中センター
  • リハビリテーションセンター
  • 人工透析センター
  • デイケアセンター
  • 岐阜中央病院訪問看護ステーション

沿革[編集]

  • 1983年(昭和58年):誠広会病院が設立される。
  • 1983年-1990年の間に誠広会病院から岐阜リハビリテーション病院に改称する。
  • 1999年(平成11年):現在地に移転し、岐阜中央病院へと改称される。デイケアセンターを設置する。
  • 2007年(平成19年):PETセンターが設置される。

交通機関[編集]

  • 岐阜バス政田忠節線ほか 「川部」停留所より徒歩5分
  • 岐阜バス大野真正北方線ほか 「曽我屋東」停留所より徒歩15分
  • 岐阜バス曽我屋線 「又丸新柳町」より徒歩10分
  • 平野総合病院とを結ぶ病院間バス
8番のりば:K25/K26 東改田行き(「又丸新柳町」下車) / O65 岐阜高専行き、O80 リバーサイドモール行き、O85 大野バスセンター行き(「曽我屋東」下車)
9番のりば:C35 リバーサイドモール行き、C36 モレラ岐阜行き(「川部」下車)
Dのりば:K25/K26 東改田行き(「又丸新柳町」下車)
6番のりば:O80 リバーサイドモール行き、O85 大野バスセンター行き(「曽我屋東」下車) / C35 リバーサイドモール行き、C36 モレラ岐阜行き(「川部」下車)

脚注[編集]

  1. ^ 緩和ケア病床については郡上市民病院の療養病棟でも8床設置されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度26分7.2秒 東経136度42分28.52秒 / 北緯35.435333度 東経136.7079222度 / 35.435333; 136.7079222