岐南インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道22号の南側から望む岐南インターチェンジ

岐南インターチェンジ(ぎなんインターチェンジ)は、岐阜県羽島郡岐南町にあるインターチェンジである。

岐大バイパス国道21号)、名岐バイパス国道22号)、岐阜東バイパス国道156号)が交差する。岐阜県内で最も交通量が多い。

概要[編集]

国道21号は東西の高架道路である。平面で北方向に国道156号、南方向に国道22号が交わる。正確には国道22号と国道156号の起終点は岐阜市茜部本郷(国道157号岐阜県道183号正木岐阜線交点)なので、岐南インターチェンジから西方向は、3つの国道の重複区間である。

1974年(昭和49年)、岐大バイパス開通により岐南インターチェンジが設置される。開設当初は平面インターチェンジであったこともあり、交通事故多発地帯として、岐阜県内で毎年ワースト1位という不名誉な交差点であった。

1988年ころから国道21号の高架工事が行われる。高架された現在は、ワースト1位ではないとはいえ、朝晩の渋滞、交通事故多発地帯である。国道21号が4車線であり、そこへ6車線である国道22号からの合流が多いのがネックという。

3つの国道の交わるインターチェンジであるが、21号の高架への西側接続道路(大垣市方面)には八剣交差点で岐南町町道と交差し、東側接続道路(各務原市方面)には岐阜県道179号中野上印食線からの道路(側道)が合流する。このため、渋滞に拍車をかけている。

岐南インター交差点には、事故防止のため矢印式信号機が設置されており、直進と右折が分離されている(左折は常時可能)。またかつては450mm信号機が設置されていたが、南北は2012年11月、東西は2014年1月にLED信号機に交換されている。

周辺[編集]

関連項目[編集]