山際澄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山際 澄夫
生誕 1950年????
日本の旗 日本山口県下関市
国籍 日本の旗 日本
教育 明治大学
職業 ジャーナリスト
活動期間 1975年 – 現在
公式サイト 山際澄夫のブログ

山際 澄夫(やまぎわ すみお、1950年[1] - )は、日本ジャーナリスト

来歴[編集]

山口県下関市出身[1]明治大学卒業[1]後、1975年産経新聞社へ入社[1]。東京本社政治部で首相官邸キャップ[1]外務省キャップ[1]などを歴任。ニューヨーク支局長[1]を経て、退社。フリーとなる。

外交、政局、メディアなどについて、『諸君!』、『WiLL』、『Voice』などオピニオン誌を中心に寄稿[1]。テレビ番組にもコメンテーターとして時々出演している。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • 『拉致の海流 個人も国も売った政治とメディア』 恒文社21(発行) 恒文社(発売)、2003年1月。ISBN 4-7704-1086-7 - 北朝鮮拉致事件関連年表あり。
    • 『拉致の海流 個人も国も売った政治とメディア』 扶桑社〈扶桑社文庫〉、2004年10月。ISBN 4-594-04822-6 - 年表あり。
  • 『安倍晋三物語』 恒文社21(発行) 恒文社(発売)、2003年9月。ISBN 4-7704-1102-2 - 年譜あり。
  • 『朝日新聞が中国を驕らせる 反日、反米の呪いと親中媚態言論の正体』 日新報道、2005年3月。ISBN 4-8174-0595-3
  • 『これでも朝日新聞を読みますか?』 ワック2007年12月22日ISBN 978-4-89831-117-2
  • 『それでも中国と付き合いますか?』 ワック〈Wac bunko B-087〉、2008年8月5日ISBN 978-4-89831-587-3
  • 『民主党政権で日本は滅びる』 ワック〈Wac bunko B-119〉、2010年3月8日ISBN 978-4-89831-619-1
  • 山際澄夫 述 「第十三回英霊慰霊顕彰勉強会「震災復興と靖國神社」 大震災で分かった国家の在り方」『講演記録集』平成23年度、靖國神社崇敬奉賛会、2012年5月。 - 奥付のタイトル(誤植):講演記録録集。
  • 『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』 ワック〈WAC BUNKO B-190〉、2014年1月15日ISBN 978-4-89831-690-0

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]