山阪神社 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山阪神社
Yamasaka-jinja 1.jpg
所在地

大阪府大阪市東住吉区山坂2-19-23

北緯34度37分23.7秒
東経135度31分18.8秒
座標: 北緯34度37分23.7秒 東経135度31分18.8秒
主祭神 天穂日命・野見宿禰・素盞嗚尊・猿田彦・宇賀御魂神
社格 旧村社
本殿の様式 住吉造
例祭 4月15日(春祭)、7月21日(夏祭)、10月15日(例大祭)
テンプレートを表示

山阪神社(やまさかじんじゃ)は大阪府大阪市東住吉区山坂に鎮座する神社

祭神[編集]

相殿[編集]

歴史[編集]

拝殿

田辺宿禰がこの地に祖神の天穂日命を祀ったものと云われ、『摂津志』に田辺西神祠は南田辺村の山阪明神とある。

  • 『三代実録』清和天皇の貞観四年八月十一日に「摂津国正六位上田辺東神、田辺西神並授従五位下」とある西神が当社で、東神は中井神社のこと。
  • 明治5年(1872年村社に列し、山阪神社に改める。
  • 明治23年(1890年)八王子社(素盞嗚尊)を合祀。
  • 明治40年(1907年)1月、神饌幣帛料供進社に指定される。
  • 明治40年(1907年)5月15日に浜田の土公神社(猿田彦)、5月22日に榊ケ原の稲荷社(宇賀御魂神)、また柳ケ原の稲荷神社を合祀し、五神五社殿とする。
  • 大正12年(1923年)7月、五社殿を一社殿と改築する。

かつては祭神の 野見宿禰に因み、奉納相撲が行われていた。

境内[編集]

  • 荒川稲荷神社 宇賀御魂神
  • 八日戎社
  • 伊勢神宮遥拝所
  • 素釜三賽荒神 
  • 楠社 楠大明神

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  • 井上正雄 「大阪府全志」 (1922)全国書誌番号:73012615
  • 大阪府神道青年会編 『大阪府神社名鑑』(1971)国立国会図書館サーチ