山辺英彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hidehiko Yamabe
生誕 (1923-08-22) 1923年8月22日
兵庫県芦屋市
死没 1960年11月20日(1960-11-20)(37歳)
アメリカ合衆国イリノイ州エヴァンストン
国籍 Japanese
研究分野 微分幾何学, 群論
研究機関 大阪大学, プリンストン高等研究所, ミネソタ大学, ノースウェスタン大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
彌永昌吉
主な業績 ヒルベルトの第5問題, 山辺フロー, 山辺不変量, 山辺問題
影響を
与えた人物
微分幾何学, 群論
プロジェクト:人物伝

山辺 英彦(やまべ ひでひこ、1923年8月22日 - 1960年11月20日)は、日本の数学者兵庫県芦屋市出身。山辺武彦、レイの五男として生まれる。神戸一中、第三高等学校をへて、1944年東京帝国大学入学、1947年に東京大学卒業。その後大阪大学に行く。1949年大阪大学助手、1951年講師。1952年から2年間プリンストン高等研究所研究員。1954年、大阪大学から理学博士号を取得。1954年ミネソタ大学助教授を経て、1957年准教授。1958年大阪大学教授。1959年再びミネソタ大学。1960年ノースウェスタン大学教授。同年11月くも膜下出血で死去。

 山辺は、位相群リー群の構造を研究しヒルベルトの第5問題の解決に貢献したことで知られる。その後、偏微分方程式力学系微分幾何学の研究に移る。微分幾何学では共形幾何学における変分問題である「山辺の問題」が有名である。また山辺不変量、山辺フロー、山辺定数などに名を残す[1][2]

関連項目[編集]

研究業績[編集]

山辺は様々な主題について18編の論文を残しており、[3] Ralph Philip Boas, Jr.の編集により、全業績が単行本として出版されている。[4] 2008年現在、数学研究に依然として影響を与えている[5] と評されている。

脚注[編集]

  1. ^ Bertrand Hauchecorne ; Daniel Suratteau (2008). Des mathématiciens de A à Z. (3rd ed.). Ellipses. ISBN 2-7298-4683-2. 
  2. ^ ベルトラン・オーシュコルヌ、ダニエル・シュラットー 『世界数学者事典』 熊原啓作訳、日本評論社2015年9月25日、第1版。ISBN 978-4-535-78693-6
  3. ^ According to Goto (1961, p. i).
  4. ^ See (Boas 1967).
  5. ^ University of Minnesota School of Mathematics Newsletter (2008 p. 7).

著書[編集]

文献[編集]

外部リンク[編集]