山茶碗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山茶碗(やまぢゃわん)は、日本平安時代末(12世紀)から室町時代15世紀)にかけて生産された無釉陶器である。灰釉陶器の系譜を引き、美濃尾張三河遠江などの東海地方窯跡で生産された。

概要[編集]

「山茶碗」という名称は、丘陵地の斜面など、山の中(かつてこれを焼成していた窖窯のある場所)で採取されることに由来するという[1]。また、碗とともに見つかる小皿については「山皿」と呼ばれることがある。

起源[編集]

愛知県名古屋市東部や豊田市を中心に分布する猿投窯三大古窯の一つ)で生産された、日本最初期の人工施釉陶器である「灰釉陶器(白瓷:しらし)」の系譜に連なるため、「白瓷系陶器」とも呼ばれる。8世紀末の生産開始当初は高級食器として精巧に作られ、東海地方各地で焼かれるようになった灰釉陶器であったが、次第に粗雑化し、11世紀末頃には各地の窯場で施釉技法を放棄して量産化を指向するようになり[2]、これ以降の製品が現代の考古学用語で「山茶碗」と呼ばれるようになった。

猿投窯以外に瀬戸市瀬戸窯小牧市周辺の尾北窯知多半島知多窯常滑窯)、渥美半島渥美窯岐阜県各務原市周辺の美濃須衛窯、同県多治見市周辺の東濃窯美濃窯[3]のほか、静岡県東部地域(湖西窯など[4])でも生産されるようになった。

特徴[編集]

基本的に釉を施さず、粗い粒子の胎土を持つ灰色ないし黄灰色の陶器である。淡緑色の自然釉のかかるものもある。器種は碗・小皿・鉢・壺などがあるが、碗と小皿が特に多い。碗や小皿は、やや内湾して立ち上がる胴部をもち、下に高台が付く。焼成時に製品を重ね焼きするが、その際、下の製品に高台が癒着しないよう籾殻を敷いたため、高台縁に籾殻の圧痕が残る製品がある[5]

12世紀から15世紀までのおよそ400年にわたり生産され、当初は灰釉陶器の形態を引き継いでいたが、時代が下るにつれ、碗の胴部の立ち上がりが直線的になり、小皿は扁平化し、多くの器種で高台が省略されるなど簡略化していく傾向が見られる[6]

製品の流通圏は、ほとんど地元の東海地方であるため[7]、庶民向けの日常雑器として使われたと考えられるが、内面が摩滅したものや、「卸目」を持つものが一部にみられることから、食膳具としてだけでなく調理器具(捏鉢など)的機能をも持っていたとする意見もある[8]


脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]