山脇百合子 (英文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山脇 百合子(やまわき ゆりこ、1918年6月8日 - 2019年1月31日)は、英文学者実践女子大学名誉教授

東京に童話作家・横山美智子の長女として生まれる。東京女子大学卒、早稲田大学英文科卒、1952-1953年リヴァプール大学大学院。1974年「エリザベス・ギャスケル研究」で大正大学文学博士。実践女子大学教授、1992年定年、名誉教授。英国女性作家を主に研究する。

著書[編集]

  • 「エリザベス・ギャスケル研究」北星堂書店 1976
  • 「英国女流作家論」北星堂書店 1978
  • ブロンテ姉妹」著訳 英潮社出版 1978 講座・イギリス文学作品論
  • 「形而上詩人ジョン・ダン ルネッサンスに生きた現代人」近代文芸社 1994

監修[編集]

  • 「ギャスケル文学にみる愛の諸相』北星堂書店 2002

翻訳[編集]

参考[編集]

[編集]