山脇玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山脇玄

山脇 玄(やまわき げん、嘉永2年3月3日1849年3月26日)- 大正14年(1925年10月7日)は、日本の法学者法制官僚政治家教育者法学博士行政裁判所長官、貴族院議員

経歴[編集]

福井藩藩医・山脇立樹の長男として生まれる。

福井藩医学校・済世館で学び、さらに長崎蘭学を学んだ。明治3年1870年)、文部省留学生としてドイツに渡り、ベルリン大学ライプツィヒ大学ハイデルベルク大学などで法学等を学んだ。1877年5月に帰国。

1877年8月、司法省御用掛となり民法編纂掛分科詰に配属された。以後、司法権少書記官兼太政官権少書記官、太政官権少書記官、参事院議官補・法制部、法制局参事官、兼行政裁判所評定官、法制局第一部長、行政裁判所評定官、同裁判所部長などを歴任。1906年1月、行政裁判所長官に就任し、1913年6月まで在任した。

1891年12月22日、貴族院勅選議員に任じられ[1]同成会に属し死去するまで在任。また、1903年山脇女子実修学校を創立し、妻の山脇房子が校長となった。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

著作[編集]

  • 『学理実用府県制郡制論』済美館・明治図書出版、1900年。
  • 『日露戦役外交始末』芳文堂、1906年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2546号、明治24年12月23日。
  2. ^ 『官報』第479号「賞勲叙任」1885年2月7日。
  3. ^ 『官報』第3918号「叙任及辞令」1896年7月21日。
  4. ^ 『官報』第6595号「叙任及辞令」1905年6月26日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』日外アソシエーツ、2005年。


公職
先代:
松岡康毅
日本の旗 行政裁判所長官
第5代:1906 - 1913
次代:
岡野敬次郎