山脇唯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山脇 唯(やまわき ゆい、1981年8月3日-)は、日本の女優映像作家・脚本家。栃木県宇都宮市出身。現在は東京都在住。妹は、シンガーソングライターやまはき玲

略歴[編集]

  • 2002年 北区つかこうへい劇団に10期生として入団し、翌年退団。
  • 2004年 第16回公演『インテル入ってない』よりヨーロッパ企画に参加。
  • 2012年 活動の拠点を東京に移す。
  • 同年、ポンポコパーティクラブ(P.P.C.)を発足。以降、不定期でマーケット(Ponpoco Party Club Market!!)を開催。[1]
  • 2013年 フリーでの活動を開始。[2]
  • 2016年10月 LOFT PROJECTのページ「Rooftop」にて、写真家のPANORAMA FAMILYと対談企画「2SEE MORE」の連載を開始。[3]

出演[編集]

舞台[編集]

※ ヨーロッパ企画本公演を除く

  • jam(グリング、2003年、ザ・スズナリ)
  • わるくち草原の見張り塔(ロハ下ル、2009年9月3日 - 8日、青山円形劇場)
  • 露出狂(柿喰う客、2010年5月19日 - 31/6月4日 - 8日、王子小劇場/精華小劇場)
  • 芝浦ブラウザー(2011年4月2日 - 19日/22日 - 24日、東京グローブ座/大阪シアタードラマシティ)
  • さよならバカヤロー(Defrosters、2011年5月11日 - 15日、高田馬場RABINEST)
  • バックギャモン・プレイヤード(カムヰヤッセン、2012年2月9日 - 13日、吉祥寺シアター)
  • 東京アメリカ(範宙遊泳、2012年7月8日 - 15日/20日 - 23日、こまばアゴラ劇場/G/PIT)
  • 磁界(浮世企画、2013年5月17日 - 22日、新宿眼科画廊)
  • 青い童話と黒い音楽(ロデオ座ヘヴン、2013年11月20日 - 24日、SPACE雑遊)
  • 死ぬまでに一度でいいから、ロマンス・オン・ザ・ビーチ(20歳の国、2014年10月4日 - 13日、星のホール)
  • 文化祭大作戦(20歳の国、2015年10月2日 - 11日、すみだパークスタジオ倉)
  • FunIQの浮気を終わらせる3つの方法(FunIQ、2015年12月3日 - 20日、studio BLANZ)
  • 背信 | ブルールーム(PLAY/GROUND Creation、2016年1月7日 - 1月10日、シアター風姿花伝)
  • 保健体育B(20歳の国、2016年4月27日 - 5月1日、駅前劇場)[5]
  • いつかエンドロールで(20歳の国、2016年6月15日 - 19日、SPACE 雑遊)[6]
  • メッキの星(浮世企画、2017年4月13日 - 18日、SPACE 雑遊)[7]
  • アイアム劇団旗揚げ公演「なんでもしますから赤福を売ってください」(2017年6月18日、座・高円寺2)[8]
  • バ吾Aコントセレクション「硝子細工の如く」(2017年10月31日 - 11月4日、劇場MOMO)[9]
  • 青春超特急(20歳の国、2018年4月19日 - 29日、サンモールスタジオ)[10]
  • SHIP(浮世企画、2018年12月4日 - 9日、APOCシアター)

すいているのに相席[編集]

本公演は太字表記

  • 空いているのに相席(2013年3月18日 - 19日、シアターモリエール)
  • 空いているのに相席2(2014年1月31日 - 2月2日、シアターモリエール)
  • 空いているのに相席反省会(2014年3月1日、新宿ロフトプラスワン)
  • すいているのに相席2.5(2014年7月5日、ルミネtheよしもと)
  • すいているのに相席反省会(2014年8月4日、ネイキッドロフト)
  • すいているのに相席3(2015年2月21日 - 22日、シアターモリエール)
  • すいているのに相席3反省会(2015年3月10日、ネイキッドロフト)
  • すいているのに相席3.21(2015年3月21日、ルミネtheよしもと)
  • すいているのに相席公開打ち上げパーティー(2015年5月11日、ネイキッドロフト)
  • すいているのに相席3.5(2016年1月29日、ルミネtheよしもと)
  • すいているのに相席3.5反省会(2016年2月7日、ネイキッドロフト)
  • すいているのに相席4(2016年5月3日 - 4日、座・高円寺2)
  • すいているのに相席4反省会・表(2016年5月29日、ネイキッドロフト)
  • すいているのに相席5(2017年5月5日 - 6日、野方区民ホール)
  • すいているのに相席5反省会(2017年5月13日、新宿ロフトプラスワン)
  • すいているのに相席5反省会・裏(2017年6月13日、新宿ロフトプラスワン)
  • すいているのに相席'18決断(2018年7月11日 - 16日、テアトルBONBON)[11]
  • すいているのに相席'18反省会(2018年7月31日、新宿ロフトプラスワン)

ライブ[編集]

  • 月刊コント浅草号(2014年8月30日、よしもと浅草花月)
  • 高佐スタディゲーム(2017年2月14日、新宿ロフトプラスワン)
  • 山脇唯スタディ(2017年8月16日、新宿ロフトプラスワン)
  • 生SEE MORE(2017年10月5日、ネイキッドロフト)
  • 今は亡きアイアム劇団旗揚げ公演上映会(2017年10月16日、新宿ロフトプラスワン)[12]
  • 山脇唯の新年会 ~Miss U more!~(2018年1月4日、新宿ロフトプラスワン)[13]
  • 第1回アイアム映画祭(2018年1月29日、座・高円寺2)[14]
  • 「アイアム映画祭」振り返り会(2018年2月25日、新宿ロフトプラスワン)
  • アイアム野田単独3~並行世界のこどもの日(2018年5月5日、座・高円寺2)
  • lyrical school minanスタディゲーム(2018年6月11日、新宿ロフトプラスワン)
  • オール野田感謝祭、第1回モノボケの岩杯「モノボケチーム対抗戦」(2018年10月20日、座・高円寺2)
  • 山脇唯単独公演(パーティー)「放課後なんかいらん」(2018年11月11日、座・高円寺2)
  • lyrical school yuuスタディゲーム(2018年11月29日、新宿ロフトプラスワン)

映画[編集]

テレビ[編集]

  • デザインあ(NHK Eテレ、2011年-)「はせる」「シンプルマーク」のコーナーの声を担当[15]

ラジオCM[編集]

  • 東京ガス「才能篇」「東京篇」「恩返し篇」「連続ドラマ ごはん」「心の声」「ピアノの発表会」「料理教室」「学ばない」「お父さんの仕事」
  • TOKYO FM「ヒューマンコンシャス オフィス篇」
  • 日本郵政グループ「オーレ!篇」
  • NTT docomo「閉店篇」「例えたがり篇」「入りたい篇」「ノリツッコミ篇」
  • NTT docomo 関西

DVD[編集]

以下、ヨーロッパ企画作品[16]

  • EUROPE DVD #4「12人の追い抜けないアキレス」
  • EUROPE DVD #5「平凡なウェーイ」
  • EUROPE DVD #6「Windows5000」
  • EUROPE DVD #7「ブルーバーズ・ブリーダーズ」
  • EUROPE DVD #9「ジェントルメンクラブ『ゴルフ』」
  • EUROPE DVD #10「冬のユリゲラー」
  • EUROPE DVD #11「衛星都市へのサウダージ」
  • EUROPE DVD #12「火星の倉庫」
  • EUROPE DVD #14「ヨーロッパ企画の町内会ディスコ」
  • EUROPE DVD #15「ボス・イン・ザ・スカイ」
  • EUROPE DVD #16「第5回ショートショートムービーフェスティバル作品集」
  • EUROPE DVD #17「第6回ショートショートムービーフェスティバル作品集」
  • EUROPE DVD #18「ヨーロッパ企画の数打っていこう」
  • EUROPE DVD #19「ロベルトの操縦」
  • ポニーキャニオン「曲がれ!スプーン(舞台版)」
  • パルコ「芝浦ブラウザー」

その他[編集]

脚本・演出[編集]

  • ロディ・ミュージカル(舞台、2010年/2012年)
  • FLY!平凡なキセキ(映画、2012年)
  • ニンニンドロン!(舞台、2015年)
  • ゆめとめざめとそのむこう(舞台、2016年)
  • こどもミュージカルどりーみんぐ第25回定期公演「ワラワンダホーワー」(2018年)

監督[編集]

  • アルファがベータをイプシロン(映画、2010年9月、京都シネマ)
  • 世界の中心でアイアムを叫ぶのだ(映画、2018年1月29日、座・高円寺2)

脚注・出典[編集]

  1. ^ Ponpoco Party Club
  2. ^ 【俳優業は継続、映像やZINE製作も】ヨーロッパ企画・山脇唯が退団
  3. ^ 山脇唯がゆっくり話したいゲストと対談(ステージナタリー)
  4. ^ フリーマガジン ミヤラジ+vol.2(2017.9発行)
  5. ^ 20歳の国が劇団化、第1弾として“性春群像劇”「保健体育」を改訂再演(ステージナタリー)
  6. ^ 20歳の国、幼馴染み5人の10年間を描く青春劇「いつかエンドロールで」再演(ステージナタリー)
  7. ^ 浮世企画、プレッシャーにとらわれる“現代のオトナたち”描く「メッキの星」(ステージナタリー)
  8. ^ 鬼ヶ島野田が「アイアム劇団」旗揚げ、バ吾Aら相席メンバー参加(お笑いナタリー)
  9. ^ バッファロー吾郎Aのコントセレクションに相席メンバーやさっくん、溜口ら(お笑いナタリー)
  10. ^ 20歳の国の卒業公演「青春超特急」、竜史「感謝を込めて花束を贈る気持ちで」(ステージナタリー)”. 2018年6月17日閲覧。
  11. ^ ラブレ、GAG宮戸、や団本間、鬼頭真也「すいているのに相席」新メンバーに(お笑いナタリー)”. 2018年6月17日閲覧。
  12. ^ アイアム野田、ギース尾関、本間キッドら参加、劇団せきしろ旗揚げ(お笑いナタリー)
  13. ^ 山脇唯が新年の抱負を語らう“新年会”開催、ゲストにバッファロー吾郎Aら(ステージナタリー)
  14. ^ 審査員長は鬼ヶ島アイアム野田、「アイアム映画祭」にザ・ギース高佐ら(お笑いナタリー)”. 2018年6月17日閲覧。
  15. ^ デザインあ ブログ(2014年12月15日)
  16. ^ ヨーロッパSHOP

外部リンク[編集]