山脇光治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山脇 光治
Yamawaki kouji.jpg
阪神コーチ時代(2012年8月17日、神宮球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府四條畷市
生年月日 (1962-10-13) 1962年10月13日(57歳)
身長
体重
173 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手三塁手二塁手左翼手
プロ入り 1980年 ドラフト外
初出場 1983年10月20日
最終出場 1993年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1996 - 2002, 2005 - 2015)

山脇 光治(やまわき こうじ、1962年10月13日 - )は、大阪府四條畷市出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

浪商高校では牛島和彦香川伸行の1年後輩で、2年生だった1979年には、控え選手ながら春夏とも阪神甲子園球場の全国大会に出場した。春の選抜大会では準優勝。夏の選手権全国大会では、比叡山高校との準々決勝に救援投手として甲子園初登板を果たしたが、準決勝で池田高校に敗れた。

3年生だった1980年には、内野手および控え投手として、夏の選手権大阪大会に出場。北陽高校との準決勝に救援で登板したが、チームの勝利には至らなかった。同年秋に、内野手として、ドラフト外扱いで阪神タイガースに入団した。入団当初の背番号は64

阪神選手時代[編集]

入団3年目の1983年に、一軍公式戦へデビュー。1986年には、当時のレギュラー遊撃手平田勝男の故障で一軍に昇格すると、4月26日の対中日ドラゴンズ戦(甲子園)で一軍公式戦初本塁打を満塁本塁打で記録した。この年以降は、主に三塁遊撃の守備要員として、1990年代の前半までバイプレーヤーとして活躍。その一方で、背番号を36に変更した1988年には、9月7日ウエスタン・リーグ公式戦(対南海ホークス)で、相手チームの永田利則と首位打者争いをしていたことから、全5打席敬遠を記録している。その結果、打率.3250で、永田に2毛差で敗れて首位打者獲得はならなかった。

1990年では、一軍の公式戦で左翼の守備を経験するとともに、主に2番打者として18試合でスタメンに起用。シーズン全体では、自己最多の88試合に出場するとともに、打率.282、1本塁打、8盗塁という成績を残した。1991年には、背番号を4に変更するとともに、二塁手としても起用されている。

1992年には、9月11日 - 12日の対ヤクルトスワローズ戦(阪神甲子園球場)に、試合途中から遊撃手として出場。3 - 3の同点で迎えた延長15回裏2死1・2塁で、前打者のトーマス・オマリーが敬遠四球で出塁したことを受けて、2死満塁で打席に臨んだ。この打席で1ボール2ストライクから岡林洋一が投じたボールにハーフスイングで対応したが、空振りという判定で三振に倒れたため、当時のNPBの試合規定によって引き分けで終了。試合時間は6時間26分で、NPB公式戦の歴代最長記録を達成した[1]

1994年以降は、一軍公式戦への出場機会がなかった。1995年10月6日に球団から戦力外通告を受けたことを機に、同年11月15日付で現役を引退した。

現役引退後[編集]

阪神に籍を置いたまま、1996年に一軍の外野守備走塁コーチへ就任。1997年1998年には育成コーチ、1999年2000年には二軍打撃コーチ、2001年2002年には二軍守備走塁コーチを務めた。

2003年に一軍の先乗りスコアラー[2]を務めた。2004年に三軍リハビリ担当コーチとして現場に復帰。2005年2006年には二軍守備走塁コーチ、2007年には二軍内野守備走塁コーチを歴任した。

2008年から2015年までは、一軍のコーチを担当。2011年までは一軍守備走塁コーチ、2012年には一軍守備走塁総合コーチ、2013年以降は一軍外野守備走塁コーチを務めた。試合中に相手投手の投球動作の癖を見抜くことが得意[2]で、三塁ベースコーチや一塁ベースコーチを任されることが多かった。

2015年10月15日に球団からコーチ契約を更新しないことを通告された[3]が、2016年1月1日に、阪神球団の契約社員[4]扱いでチーム付のスコアラーへ転任。2016年シーズンには、一軍監督へ就任した金本知憲からの要請で、球団史上初の動作解析専任スコアラーとして活動していた[2]2017年からは、中日ドラゴンズの担当へ異動している。

2018年シーズンにも、セ・パ交流戦の期間中まで、中日やパシフィック・リーグ加盟球団向けの先乗りスコアラーとして活動していた。しかし、交流戦の開始当初に最終カードとして組まれていた楽天生命パークでの対東北楽天ゴールデンイーグルス3連戦(6月15日 - 17日)に備えて宮城県仙台市宮城野区内に滞在していた6月12日に、宮城県迷惑行為防止条例違反(盗撮)容疑の現行犯で仙台東警察署に逮捕された。山脇自身は逮捕の直後に容疑を否認していたが、翌13日が阪急阪神ホールディングス(阪神球団の持株会社)2018年度定時株主総会の開催日でもあったため、逮捕の一報を受けたばかりの角和夫CEOが総会の冒頭に謝罪[5]。山脇がスコアラーとして楽天生命パークで楽天対中日戦の試合前練習を視察しているはずの時間帯にパーク外(仙台駅付近の家電量販店内)で逮捕されたことから、阪神球団の揚塩健治社長は、スコアラーを管理する体制の強化[6]や山脇に対する厳正な処分を明言した[7]

阪神球団では、山脇の逮捕を受けて、スコアラーの配置を急遽変更。2017年シーズンまでの楽天担当で、2018年シーズンから北海道日本ハムファイターズ担当に転じていた太田貴を、前述した楽天との3連戦へ山脇の後任扱いで同行させる措置を暫定的に講じた。ただし太田は、山脇の逮捕当日から対楽天戦の前日(6月14日)まで、本来の担当業務の一環で札幌ドームの対日本ハム3連戦にも帯同。チームは楽天の最新情報を直々に得られないまま、同球団との3連戦に臨んだ[8]が、初戦からの2連勝によってカード勝ち越しを決めた。しかし、17日の最終戦に大敗したため、2018年交流戦での負け越しが確定した。

なお、仙台地方検察庁は2018年6月14日付で、山脇を仙台簡易裁判所へ略式起訴。同裁判所が山脇に対して罰金50万円の略式命令を出したことから、山脇は同日中に仙台東警察署から釈放された[9]。この処分を受けて、阪神球団では翌15日に、山脇とのスコアラー契約を解除した[10]。さらに、山脇の後任者(中日専任のスコアラー)を置かず、通常より1名少ないスコアラーのまま後半戦に臨んだ。結局、チームは17年振りに最下位でシーズンを終了。対中日戦も11勝14敗(後半戦では5勝8敗)と負け越した。2019年シーズンには、球団OBで投手出身の谷中真二を中日専任のスコアラーとしてチームへ復帰させる[11]一方で、太田を広島東洋カープ担当のスコアラーへ異動させている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 阪神 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1985 12 7 5 1 2 0 0 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 .400 .400 .400 .800
1986 61 74 68 7 18 1 1 2 27 10 1 1 5 0 1 0 0 11 1 .265 .275 .397 .672
1987 7 4 3 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 .333 .333 .333 .667
1988 11 11 9 0 2 0 0 0 2 1 0 0 1 0 1 0 0 4 0 .222 .300 .222 .522
1989 70 98 90 13 24 1 2 0 29 4 5 2 3 0 5 1 0 18 1 .267 .305 .322 .627
1990 88 143 131 19 37 3 0 1 43 10 8 1 3 1 8 0 0 19 5 .282 .321 .328 .650
1991 62 81 75 12 15 0 0 0 15 5 1 0 5 0 1 0 0 14 1 .200 .211 .200 .411
1992 19 10 9 2 3 1 0 0 4 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0 .333 .333 .444 .778
1993 24 36 33 3 8 1 0 0 9 3 0 2 3 0 0 0 0 7 2 .242 .242 .273 .515
通算:10年 356 466 425 59 110 7 3 3 132 33 15 6 24 1 16 1 0 78 11 .259 .285 .311 .596

記録[編集]

背番号[編集]

  • 64 (1981年 - 1987年)
  • 36 (1988年 - 1990年)
  • 4 (1991年 - 1995年)
  • 78 (1996年 - 2001年)
  • 71 (2002年)
  • 89 (2005年 - 2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]