山県治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山縣治郎から転送)
Jump to navigation Jump to search
山県治郎

山県 治郎(やまがた じろう、1881年1月6日 - 1936年1月9日)は、日本の内務官僚県知事

経歴[編集]

山口県出身。庄屋・山県政吉の長男として生まれる。山口高等学校(旧旧山高)を経て、1907年月、東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、高等文官試験行政科試験に合格。内務省に入り警保局属となる。石川県事務官警察部長、神奈川県事務官・警察部長、福岡県警察部長、兵庫県警察部長などを経て、1915年に内務監察官に就任。内務省参事官大臣官房会計課長地理課長を経て、1922年都市計画局長となる。

1922年10月、石川県知事に就任。広島県知事兵庫県知事を歴任し休職。1929年7月、神奈川県知事として復帰。1930年11月の北伊豆地震の被災地の復興に尽力。神奈川県道片瀬大磯線の建設、県営水道事業などを推進した。1931年12月18日、犬養内閣の成立により知事を休職[1]1932年1月29日、依願免本官となり退官した[2]

1936年1月9日死去。享年55。

栄典[編集]

伝記[編集]

  • 山根真住編『山県治郎伝』山県治郎氏伝記編纂所、1940年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。
  2. ^ 『官報』第1523号、昭和7年1月30日。
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。