山田順彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山田 順彦(やまだ よりひこ、1933年1月18日 - 1997年1月24日[1])は日本映画プロデューサー

経歴[編集]

1955年慶應義塾大学文学部を卒業と同時に東宝に入社、文芸部配属。1965年より製作担当者。1967年にプロデューサーに昇格。1969年に契約者となる。1981年に契約が切れフリープロデューサーとなる。小寺朝名義で脚本や原作を手がけることもある。(共同脚本=『育ちざかり』『死ぬにはまだ早い』『娘ざかり』、原作=『年ごろ』『縄と乳房』)

製作担当者[編集]

プロデュース作[編集]

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典1997~1999』 日外アソシエーツ 2000年3月刊

外部リンク[編集]