山田進太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまだ しんたろう
山田 進太郎
生誕 (1977-09-21) 1977年9月21日(41歳)
日本の旗 日本 愛知県
出身校 早稲田大学教育学部
職業 実業家

山田 進太郎(やまだ しんたろう、1977年9月21日 - )は、日本実業家メルカリ創業者[1]、同代表取締役会長兼CEO[2]

経歴[編集]

愛知県瀬戸市出身[3]

東海中学校・高等学校を経て[4]早稲田大学教育学部卒業[5] 。 大学在学中に楽天にインターンし、楽天オークションの立上げ等を経験。早稲田リンクス代表歴任[6]

2001年8月ウノウ設立。その後、ウノウのサービスとして新作映画情報サイト「映画生活」(ぴあに譲渡)、写真共有サービス「フォト蔵」などの企画・開発・運営に関わる。2009年にウノウはソーシャルゲームに参入し、「まちつく!」をはじめとして複数のヒットタイトルをリリース[6]。 2010年8月3日、ウノウ株式を米ジンガに譲渡。2012年1月、ジンガを退職。

2013年2月1日、メルカリを設立。

2015年10月、メルカリが2000万ダウンロードを記録した。

2017年12月20日、メルカリの累計ダウンロード数が1億件超えを発表[7]

2018年6月19日、メルカリが東京証券取引所マザーズに新規上場、終値ベースの時価総額は約7172億円[8][9]

出典[編集]

  1. ^ メルカリ「アマゾン目標」 決済サービス、外部と連携”. 47NEWS (2018年6月19日). 2018年6月19日閲覧。
  2. ^ メルカリ 企業情報”. メルカリ. 2018年6月19日閲覧。
  3. ^ メルカリCEOはテック界の野茂英雄になれるか”. NHK NEWS WEB (2018年6月19日). 2018年6月19日閲覧。
  4. ^ メルカリ山田氏「誰もが憧れるテック企業に」”. 日経ビジネスオンライン (2017年11月27日). 2018年6月19日閲覧。
  5. ^ メルカリ創業者・山田進太郎「自分が経営者になるとは、まったく思っていませんでした」”. 日刊SPA! (2016年5月11日). 2018年6月19日閲覧。
  6. ^ a b メルカリ”. 2017年12月閲覧。
  7. ^ メルカリ、累計ダウンロード数1億超え”. 日本経済新聞 (2018年6月19日). 2018年6月19日閲覧。
  8. ^ メルカリ上場、時価総額7172億円に--山田会長「テックカンパニーとして世界目指す」”. CNET Japan (2018年6月19日). 2018年6月19日閲覧。
  9. ^ フリマアプリを全世界に――時価総額7000億円、メルカリの「次なる野望」”. ITmedia ビジネスオンライン (2018年6月19日). 2018年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]