山田英生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 英生(やまだ ひでお、1957年 - )は日本実業家山田養蜂場代表取締役社長。岡山県出身。八幡大学(現九州国際大学法経学部卒業。

経歴[編集]

  • 1980年 八幡大学卒業
  • 1983年 山田養蜂場に入社
  • 1994年 通信販売会社株式会社ミコー設立
  • 1995年 山田養蜂場代表取締役就任

大学卒業後3年間他企業に勤務。1983年に創業者の父親の後を継いだ。以降ミツバチ産の基礎化粧品、予防医学的健康観に基づいた製品の研究に尽力。自社商品の通信販売システムを考案・実施した。 企業の社会的使命・人と自然環境との共生を指針に、教育支援活動・国内外での植樹活動にも取り組む。世界遺産の保全にも協力。ルーマニアドナウ・デルタでは、現地保護官とともにNGOを立ち上げ、絶滅の危機に瀕しているハイイロペリカン保護活動を支援。

著書[編集]

  • 世界遺産物語  工藤父母道共同著書 ぎょうせい出版  
  • 世界遺産物語Ⅱ 工藤父母道共同著書 株式会社海洋工学研究所

外部リンク[編集]