山田盟子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 盟子(やまだ めいこ、1926年 - )は、日本ノンフィクション作家ジャーナリスト宮城県生まれ。

従軍慰安婦問題など女性哀史を中心に取材、執筆を続ける。慰安婦関連の著作においては、嘘や捏造が明らかとなった[1]吉田清治千田夏光の著作から度々引用しているなど、現在となっては問題があると言わざるを得ない内容のものが多い。1976年に『うはっきゅう』で第10回埼玉県知事賞受賞。

著書一覧[編集]

  • 涅色の葦(1983)
  • 霧の檻 秩父路異聞(1983)
  • 慰安婦たちの太平洋戦争 秘められた女たちの戦記(1991)
  • 慰安婦たちの太平洋戦争 続(1992)
  • 慰安婦たちの太平洋戦争 沖縄篇(1992)
  • 占領軍慰安婦 国策売春の女たちの悲劇(1992)
  • 「娘子軍」哀史 からゆき、娼婦、糸工女たちの生と死(1992)
  • 従軍慰安婦 「兵備機密」にされた女たちの秘史(1993)
  • 幻影の碑 戦争と怪談 兵士たちの証言(1994)
  • 慰安婦たちの太平洋戦争 秘められた女たちの戦記(1995)
  • ウサギたちが渡った断魂橋(どわんほんちゃお) からゆき 日本人慰安婦の軌跡 上下巻(1995)
  • ニッポン国策慰安婦 占領軍慰安施設 女たちの一生(1996)
  • 歴史に消えた女たちの黙示録(1998)
  • 波よ語っておくれ 北米からゆきさん物語(2001)
  • 女郎花は詩えたか(2003)
  • 花翔け(2005)
  • 鬼橋(2005)
  • 戦争と怪談 上下巻(2006)
  • 育ちとおどろきの歩み(2009)
  • 従軍慰安婦たちの真実 戦争の習わしを蔑む(2009)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断:朝日新聞デジタル 2014年8月5日