山田登世子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 登世子(やまだ とよこ、1946年2月1日 - 2016年8月8日)は、日本のフランス文学者、エッセイスト、愛知淑徳大学名誉教授。

福岡県田川市生まれ。名古屋大学大学院博士課程中退。愛知淑徳大学助教授、現代社会学部教授、メディアプロデュース学部教授。2015年退任、名誉教授。オノレ・ド・バルザックが専門だが、フランスのファッション、恋愛に関する評論、エッセイで知られ、与謝野晶子について書いたり、小説も書いている。

2016年8月8日、肺癌のため死去[1]。70歳没。夫は経済学者の山田鋭夫[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『華やぐ男たちのために 性とモードの世紀末』ポーラ文化研究所〈isの本〉 1990
  • 『娼婦 誘惑のディスクール』日本文芸社 1991
  • 『メディア都市パリ』青土社 1991/ちくま学芸文庫 1995/藤原書店 2018.11(解説工藤庸子
  • 『モードの帝国』筑摩書房 1992/ちくま学芸文庫 2006
  • 『声の銀河系 メディア・女・エロティシズム』河出書房新社 1993
  • 『有名人の法則』河出書房新社 1994
  • 『涙のエロス』作品社 1995
  • 『偏愛的男性論 ついでに現代思想入門』作品社 1995
  • 『ファッションの技法』講談社現代新書 1997
  • 『リゾート世紀末 水の記憶の旅』筑摩書房 1998
  • 『ブランドの世紀』マガジンハウス 2000
  • 『恍惚』文藝春秋 2005。小説
  • 『晶子とシャネル』勁草書房 2006、オンデマンド版2016
  • 『ブランドの条件』岩波新書 2006
  • 『シャネル 最強ブランドの秘密』朝日新書 2008
  • 『贅沢の条件』岩波新書 2009
  • 『誰も知らない印象派 娼婦の美術史』左右社 2010
  • 『「フランスかぶれ」の誕生-「明星」の時代 1900-1927』藤原書店 2015
  • 『モードの誘惑』藤原書店 2018.8。未収録論考集成
  • 『都市のエクスタシー』藤原書店 2018.12。未収録論考集成

編著 ほか[編集]

  • 鹿島茂共著『バルザックがおもしろい』藤原書店 1999
  • 鹿島茂共編『バルザックを読む 1(対談篇)』藤原書店 2002
  • 鹿島茂共編『バルザックを読む 2(評論篇)』藤原書店 2002
  • 山田鋭夫編『月の別れ 回想の山田登世子』藤原書店 2017。追悼論集、巻末に著作一覧・年譜

翻訳[編集]

  • エミリアン・カラシュス『ダンディの神話』海出版社 1980
  • バルザック『風俗のパトロジー』新評論 1982。「風俗研究」藤原書店 1992
  • エレミール・ブールジュ『神々の黄昏』中島廣子共訳 白水社 1985
  • ミシェル・ド・セルトー『日常的実践のポイエティーク』国文社 1987
  • アラン・コルバン 『においの歴史 嗅覚と社会的想像力』鹿島茂共訳 新評論 1988
  • ジャン・ボードリヤール他著 共訳『恐怖』リブロポート 1989
  • ミシェル・ド・セルトー『文化の政治学』岩波書店 1990
  • ジャン・ボードリヤール『ニッポン』リブロポート 1990
  • バルザック『従妹ベット 好色一代記』藤原書店 2001(「人間喜劇」セレクション11・12)
  • ポール・モラン『シャネル 人生を語る』中公文庫 2007
  • 編訳『モーパッサン短篇集』ちくま文庫 2009
  • 編訳『ロラン・バルト モード論集』ちくま学芸文庫 2011
  • アラン・コルバン『処女崇拝の系譜』小倉孝誠共訳 藤原書店 2018.7

脚注[編集]

  1. ^ “山田登世子さん死去 仏文学者でファッション評論家”. 朝日新聞. (2016年8月9日). http://www.asahi.com/articles/ASJ894VSNJ89OIPE00R.html 2016年8月9日閲覧。 
  2. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H68_Z00C16A8CZ8000/ 「喪主は夫で名古屋大名誉教授の鋭夫(としお)氏」