山田清志 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田 清志
Kiyoshi YAMADA
生誕 (1955-05-16) 1955年5月16日(67歳)
日本の旗 日本北海道
研究機関 東海大学教養学部人間環境学科
研究分野 経済法
消費者法
母校 早稲田大学法学部法律学科
東北大学大学院情報科学研究科
学位 法学士(早稲田大学)
テンプレートを表示


山田 清志(やまだ きよし、1955年5月16日 - )は、日本の経済学者で専門は経済法消費者法東海大学パシフィックセンター所長(ハワイ州ホノルル)や米国・ハワイ東海インターナショナルカレッジ学長職など経て、第17代東海大学学長職を務める(任期中)。北海道三笠市出身[1]

来歴[編集]

夕張炭鉱職員の子として生まれ、中学から札幌市で育つ。早稲田大学在学中は雄弁会に所属し、同期には黒岩祐治、1期上に下村博文、2期上に山本有二がいた[2]法学部設立にあたって東海大学に招聘され、その後長く国際部門を担当。ハワイ東海インターナショナルカレッジ学長には、最初から学校を整理する目的での就任だった[2]

公益財団法人国際研修交流協会評議員、日本対外文化協会専務理事、公益財団法人日本学生野球協会評議員など歴任。また、タイ・モンクット王工科大学ラートクラバン校名誉博士、ロシア・モスクワ国立大学名誉教授を務める。

略歴[編集]

著書[編集]

  • アメリカ大学技術移転入門―AUTM(米国大学技術管理者協会)教本(山田清志、東海大学知的財産戦略本部)(東海大学出版会2004年1月)
  • バイオテクノロジーの進歩と特許(知的財産研究所 編 中山信弘 監修/分筆 バイオテクベンチャー:日本の現状と課題)(雄松堂書店)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「東海大新学長に三笠出身山田氏」2014年10月2日 北海道新聞朝刊全道29頁
  2. ^ a b 月刊公論 リレー対談”. 2020年8月4日閲覧。
  3. ^ 学長に山田清志・副学長が昇格 東海大学 10月1日付 くまもと経済 経済ニュース(週刊経済:2014年10月7日発行 No.1794)
先代:
高野二郎
第17代 東海大学学長
2014年10月 -
次代:
現職