山田泰造 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 泰造(やまだ たいぞう、1843年天保14年1月[1][2][注 1]) - 1917年大正6年)9月12日[1][2])は、日本弁護士政治家衆議院議員

経歴[ソースを編集]

武蔵国橘樹郡、のちの神奈川県橘樹郡田島村(現:川崎市川崎区)の農家に生まれる[1][3]。農業を好まず、江戸に出て刀研の修行を行い、その後、横浜に移り米穀商の養子となる[3]。法律学を修め、1874年代言人となり、1877年代言人試験に合格した[1][2][3]

1882年星亨大井憲太郎北田正董らと東京京橋区自由民権運動家の弁護のため厚徳館(法律研究所)を立上げ、福島事件大阪事件などの弁護を担当した[1][3]。その後、自由党の論客としても活動したが、1887年保安条例により東京からの退去処分を受けて横浜に移った[1][3]。神奈川県下の自由党員の刑事弁護を担った[1]

1890年7月の第1回衆議院議員総選挙で神奈川県第二区から立憲自由党所属で出馬して当選[2]。以後、第5回総選挙まで連続して当選し、衆議院議員を連続五期務めた[1][2]

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 『日本帝国国会議員正伝』457頁では、弘化3年4月生(1846年)。

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『神奈川県史 別編1』776頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』685頁。
  3. ^ a b c d e 『日本帝国国会議員正伝』457-459頁。

参考文献[ソースを編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。
  • 木戸照陽編『日本帝国国会議員正伝』田中宋栄堂、1890年。