山田智彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山田 智彦(やまだ ともひこ、1936年3月23日 - 2001年4月17日)は、日本小説家

来歴・人物[編集]

神奈川県生まれ。1958年早稲田大学文学部独文科卒業。同大学院文学研究科独文科修士課程修了。

東京相互銀行(のち東京相和銀行)に勤務しながら小説を書き、1967年、「犬の生活」で文学界新人賞に佳作入選、デビュー。以後4回芥川賞候補に挙がる。1971年、初の作品集『結婚生活』を上梓、1976年、長編『水中庭園』で毎日出版文化賞受賞。

1976年の『重役候補』以来、企業小説を書き、ほかにビジネス書も執筆し、重点がそちらに移る。1986年の『蒙古襲来』以来、歴史小説も書く。作家活動を続けながらも銀行員を続け、1999年に同行が破綻するまで監査役顧問を歴任した。

作家の小林信彦とはともに作家かけだし時代からの親友で、小林は山田のことを「日本最初のモダン・ホラー作家」と評価し、ホラー小説集『蜘蛛の館』を編集、解説を執筆した。

著書[編集]

純文学[編集]

  • 結婚生活 三笠書房, 1971 のち角川文庫
  • 父の謝肉祭 新潮社, 1971
  • 実験室 河出書房新社, 1972 のち集英社文庫
  • 家を出る 文藝春秋, 1972
  • 蟻の塔 文藝春秋, 1973
  • 愛の終り 冬樹社, 1973 のち角川文庫
  • 光は東方より 新潮社, 1974 のち集英社文庫
  • 霧笛の街から 冬樹社, 1974
  • 予言者 角川文庫, 1974
  • 幻の湖へ 講談社, 1975
  • 蜘蛛の館 角川文庫, 1976
  • 失踪宣告 日本経済新聞社, 1976 のち角川文庫
  • 城への招待 日本経済新聞社, 1976 のち角川文庫
  • 水中庭園 文藝春秋, 1976 のち福武文庫
  • 闇からの招待 集英社, 1977
  • 湖の墓 角川文庫, 1979
  • 魔の時間への旅 新潮社, 1980
  • 奇妙な小説 毎日新聞社, 1980
  • シルクロードの生贄 講談社, 1983
  • マジャールの女 新潮社, 1986

ビジネス小説[編集]

  • 重役候補 日本経済新聞社, 1976 のち文春文庫、角川文庫
  • オフィスの日曜日 集英社, 1976 のち文庫
  • 重役室25時 角川書店, 1977 のち文庫、徳間文庫
  • 青年の領域 ビジネス・エリートへの道 文藝春秋, 1979 のち光文社文庫
  • クレムリン銀行 角川書店, 1979 のち文庫
  • 多国籍銀行事件 文藝春秋, 1981 のち光文社文庫
  • 支店長室の六人 新潮社, 1982 のち文庫
  • ザ・マーケット 日本経済新聞社, 1983 のち講談社文庫
  • 重役室午前零時 光文社, 1985 (カッパ・ノベルス) のち文庫
  • 24時間の罠 光文社, 1986 (カッパ・ノベルス)
  • 頭脳集団 サンケイ出版, 1986 のち廣済堂文庫
  • 人間関係 都市銀行二人の支店長 福武書店, 1987 のち文庫、講談社文庫
  • 人材銀行 サンケイ出版, 1987 「ヘッドハンター」と改題、講談社文庫
  • 銀行頭取 講談社, 1990 のち文庫
  • 東京・マネーマーケット 文藝春秋, 1990 のち文庫
  • 銀行合併 講談社, 1991 のち文庫
  • 頭取の首 文藝春秋, 1992 のち文庫
  • 偽りの帝国 小学館, 1993 「崩壊」と改題、文庫
  • 銀行男たちのサバイバル 日本放送出版協会, 1993 のち文春文庫
  • 銀行密室会議 広済堂出版, 1994 のち文庫、徳間文庫
  • 銀行消失 講談社, 1994 のち文庫
  • 罠の行方 朝日新聞社, 1994 「危険銀行」と改題、講談社文庫
  • 第三の取締役 毎日新聞社, 1994 「銀行淘汰」と改題、講談社文庫
  • 浮沈に賭ける 読売新聞社, 1995 「銀行人事抗争」と改題、講談社文庫
  • 解雇 男たちのリストラ 小学館, 1995 のち文庫
  • 銀行男たちの挑戦 光文社, 1996 のち文春文庫
  • 銀行屋研次郎事故簿 講談社, 1997 「銀行裏総務」と改題、文庫
  • 銀行男たちの報酬 日刊工業新聞社, 1998 のち文春文庫
  • 毒針 銀行屋研次郎事故簿 2 講談社, 1999 のち文庫
  • 頭取の死角 潮出版社, 1999
  • 銀行男たちの決断 文藝春秋, 2000 のち文庫

ビジネス書その他[編集]

  • 新ビジネスマン学 ワン・ポイント事典 毎日新聞社, 1977 のち集英社文庫
  • 体験的クロスオーバーのすすめ 二つの顔で生きる 講談社, 1978 のち河出文庫
  • 長距離ランナーの発想 '80年代を生き抜く 講談社, 1980
  • サラリーマン30歳までに何をするか 青春出版社, 1981 (プレイブックス)
  • 女族大陸 南米原色紀行 明日があるさ! 集英社, 1981
  • 人の上に立つ人間学 35歳からの人心掌握術 ベストセラーズ, 1982
  • ザ・プロレスラー 講談社, 1982
  • 魅惑のアマゾン 文藝春秋, 1983
  • 白夜の未来地図 潮出版社, 1983
  • グッド・ライフの方法 PHP研究所, 1983
  • サラリーマンが三足のワラジをはくとき 潮出版社, 1984
  • 5年後どうする 広済堂出版, 1984
  • 日本航空の選択 光文社, 1984 (カッパ・ビジネス)
  • 課長になるまで何をすべきか 経済界, 1985 のち河出文庫
  • 花を咲かせる人脈思考 リヨン社, 1985 「人を生かす人脈の作り方」と改題、角川文庫
  • ビジネス・エリートの冒険 サンケイ出版, 1985
  • 仕事は自動詞 会社人間の時代は終わった リクルート出版, 1987
  • 経営者「裏と表」の研究 文化創作出版, 1987 のち講談社文庫
  • 上司の動かし方部下の使い方 リヨン社, 1988 「上司と部下の人間学」と改題、角川文庫
  • 気張らずに「自分の値打ち」を高める法 大和出版, 1990 「「自分の値打ち」を高める人間学」と改題、角川文庫
  • 5年後日本はこうなる 広済堂出版, 1992
  • 日本の名随筆 別巻 定年(編)作品社, 1992
  • ビジネスマン出世の原理・原則 総合法令, 1992 のち河出文庫
  • 読書はおいしい 人生の達人たちが説く読書の真髄 山田智彦対論 致知出版社, 1995
  • 知的生活の愉しみ方 幸福志向の時代を生きる PHP研究所, 1996
  • 「サラリーマン破壊」に勝つ 会社に頼るな、自分で生きろ 光文社, 1996 のち河出文庫
  • ビジネスマン、「自分の夢」実現のセオリー 三笠書房, 1996 「自分を磨く簡単な方法」と改題、河出文庫
  • 仕事に悩んだ時読む本 PHP研究所, 1997
  • もう一枚の名刺を持とう! 読売新聞社, 1998
  • 金融危機に生かす10の鉄則 青春出版社, 1998

歴史小説[編集]

  • 蒙古襲来 1-6 毎日新聞社, 1987-88 のち角川文庫、講談社文庫
  • 遠い架橋 小説水本光任伝 毎日新聞社, 1988
  • 義経の刺客 文藝春秋, 1992
  • 秀吉暗殺 1-3 文藝春秋, 1994 のち文庫
  • 天狗藤吉郎 読売新聞社, 1995 のち講談社文庫
  • 城盗り秀吉 読売新聞社, 1996 のち講談社文庫
  • 木曾義仲 日本放送出版協会, 1999