山田晃士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 晃士(やまだ こうし 別名KOSHI)は、日本のシンガーソングライター。キャッチコピーは「ポップでキッチュなガレージシャンソン歌手」。

「ガレージシャンソン」とは、本人曰く「シャンソンが持っているブルジョワジー的要素を排除し、その性・変態性の部分を強く押しだし、例えダメ人間であろうとも、その思いの丈を包み隠さず赤裸裸に舞台上でさらけ出す有様」。

略歴[編集]

  • レッツゴーヤング」でのサンデーズを経て、ロックバンド「AROUGE」のボーカルとしてデビュー。1985年に脱退。
  • 1994年2月16日、ビクターエンタテインメントより日本テレビ系ドラマ『横浜心中』の主題歌「ひまわり」でデビュー。同曲はオリコン最高9位を記録し、20万枚を売り上げた。
  • 1997年からバンド「KOSHI au Bourbier」を結成。2001年に「山田晃士 au Bourbier」へと改名。その後、「みんなが読めない」という理由で「山田晃士と泥沼楽団」へ改名。2007年7月の単独公演を最後に、活動休止中。
  • 「山田晃士 au Bourbier」としての活動と並行し、2001年に「KOSHI au Bourbier」のアコーディオンだった佐藤芳明とデュオ「ガレージシャンソンショー」を結成。その後、2006年7月の単独公演を最後に活動を休止していたが2013年より活動を再開。
  • 2007年8月、実験的に「山田晃士セッション」として、後のバンド「山田晃士と流浪の朝謡」を始める。
  • 以後、ソロ演奏のほか、独り舞台、「山田晃士&流浪の朝謡」、「ガレージシャンソンショー」、柿島伸次・kaoruらとのセッション「サンバカトリオ」、元泥沼楽団の塚本晃とのセッションデュオなど、幅広く活動中。

作品[編集]

シングル[編集]

  • ひまわり/キスをしよう(1994年2月16日)
  • ああ無頼漢/モノロー(1997年)「KOSHI」名義
  • あんたのスウィング(2008年)「山田晃士と流浪の朝謡」名義

アルバム[編集]

  1. 舞踏会(1994年、山田晃士名義)
  2. Monologue Theater(1997年、KOSHI名義)
  3. 世紀末キャバレー〜opéra noir〜 (1999年、KOSHI au Bourbier名義)
  4. 欲望輪舞曲(2001年、山田晃士 au Bourbier名義)
  5. ガレージシャンソンショー(2003年、ガレージシャンソンショー名義)
  6. びらん(2003年、山田晃士と泥沼楽団名義)
  7. 実況見分 (2004年、泥沼楽団名義。ライブアルバム)
  8. 狂歌全集(2005年、ガレージシャンソンショー名義)
  9. Théâtre Solo (2010年、山田晃士名義)
  10. デラシネ・スウィング (2011年、山田晃士&流浪の朝謡名義)
  11. しつこい男 (2014年、山田晃士名義)
  12. デラシネ・カバレット (2015年、山田晃士&流浪の朝謡名義)
  13. 13(Treize) (2016年、ガレージシャンソンショー名義)

外部リンク[編集]