山田慎也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 慎也
人物情報
生誕 山田 慎也
1968年
日本の旗 日本 埼玉県
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了
慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学
学問
研究分野 民俗学
研究機関 国立歴史民俗博物館
学位 博士(社会学)
主要な作品 『現代日本の死と葬儀』他
テンプレートを表示

山田 慎也(やまだ しんや、1968年 - )は、日本の民俗学者国立歴史民俗博物館准教授・総合研究大学院大学准教授。博士(社会学)。

経歴[編集]

1968年、埼玉県出身[1]1992年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。1994年、慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了。1997年、慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。同年国立民族学博物館講師。1998年国立歴史民俗博物館民俗研究部助手。2000年、「現代日本における葬儀と死生観の変容に関する民俗学的研究」で慶應義塾大学博士(社会学)取得。2002年オックスフォード大学ニッサンインスティテュート及びセントアントニーズコレッジ客員研究員。2007年、国立歴史民俗博物館研究部助教。同年8月、准教授。2008年総合研究大学院大学准教授。

2008年頃から難聴を発症し、補聴器を利用している[2]

著書[編集]

  • 『現代日本の死と葬儀 葬祭業の展開と死生観の変容』東京大学出版会 2007

共編著[編集]

  • 『現代の葬送儀礼』国立歴史民俗博物館 2007
  • 『身体と人格をめぐる言説と実践』国立歴史民俗博物館 2011
  • 『現代における死の文化の変容 東アジア地域の葬送墓制を中心に 歴博国際シンポジウム』国立歴史民俗博物館 2012
  • 『近代化のなかの誕生と死』国立歴史民俗博物館 2013
  • 『変容する死の文化 現代東アジアの葬送と墓制』(鈴木岩弓との共編著)国立歴史民俗博物館 2014

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]