山田卓生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 卓生(やまだ たかお、1937年 - 2013年10月25日)は、日本の法学者。専門は民法法社会学横浜国立大学名誉教授。弁護士。

来歴[編集]

愛知県名古屋市出身。1960年東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、東京大学法学修士ハーバード大学ロー・スクール修了(LLM)。中央大学教授、横浜国立大学教授、日本大学法学部教授、日本大学大学院法務研究科教授、あさひ法律事務所顧問を歴任。司法試験考査委員(1991~1996年)のほか、自由人権協会代表理事(1990~2011年)、日本交通法学会理事長(2006~2013年)、日本法律家協会理事(2007~2013年)等を勤めた[1]。2001年藍綬褒章、2007年旭日中綬章。1999年に弁護士登録(第二東京弁護士会)[2]2013年10月25日逝去[3]

著書[編集]

  • 『山田卓生著作選集(第1巻) 法律学・法社会学・比較法』(信山社、2010年)
  • 『山田卓生著作選集(第2巻) 民法財産法』(信山社、2010年)
  • 『山田卓生著作選集(第3巻) 損害賠償法』(信山社、2010年)
  • 『山田卓生著作選集(第4巻) 医事法 生命倫理』(信山社、2010年)
  • 『歩いて来た道』(信山社、2008年)
  • 『有斐閣Sシリーズ 民法I総則〔第二版補訂二版〕』(有斐閣、2004年)共著
  • 『分析と展開・民法II〔第四版〕』(弘文堂、2003年)共著
  • 『分析と展開・民法I〔第二版増補版〕』(弘文堂、2000年)共著
  • 『法律難語類語辞典〔新版〕』(有斐閣、1998)共編
  • 『民法講義ノート(3)担保物権法〔第二版〕』(有斐閣、1995年)共著
  • 『日常生活のなかの法・続』(日本評論社、1992年)
  • 『エイズに学ぶ』(日本評論社、1991年)共編
  • 『日常生活のなかの法・正』(日本評論社、1990年)
  • 『私事と自己決定』(日本評論社、1987年)

脚注[編集]

  1. ^ トピックス(あさひ法律事務所ウェブサイト、2013年11月9日閲覧)
  2. ^ 円谷峻・松尾弘編集代表『損害賠償法の軌跡と展望(山田卓生先生古希記念論文集)』日本評論社 pp.599-560
  3. ^ トピックス(あさひ法律事務所ウェブサイト、2013年11月9日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]