山田伸三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 伸三(やまだ しんぞう、1914年1月17日 - 2000年3月20日[1])は、青森県南津軽郡大鰐町出身のノルディック複合クロスカントリースキー選手。

来歴[編集]

旧制弘前中学校 → 青森営林局(青森林友)

1934年の第12回全日本スキー選手権大会ノルディック複合個人、翌年の同大会クロスカントリースキー個人長距離(17km)で優勝。

1936年ガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックでは、クロスカントリースキー個人長距離(18km)で49位、4x10kmリレーで12位、ノルディック複合個人で43位だった。

引退後は青森県スキー連盟の理事長・会長を歴任した[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]