山田ユギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 ユギ(やまだ ゆぎ、3月26日-)は札幌市出身の漫画家埼玉県在住。

主にボーイズラブ系作品を執筆。他にも小説の挿絵などで活躍中。

「犬組」というサークル名での同人活動、また「山田靫」というペンネームで活動していたこともある。高口里純アシスタントをしていた。

「(有)島田デザイン事務所」でデビュー(「Xi」2月号・一水社)。

作品リスト[編集]

  • キビしいのである。(『山田靫』名義)(1997年、マガジン・マガジン
  • 太陽の下で笑え。(『山田靫』名義)(1999年、芳文社
  • 僕にだって言い分がある(『山田靫』名義)(1999年、芳文社)
  • 小さなガラスの空(2000年、芳文社)
  • 俺は悪くない(全2巻、2000年、芳文社)
  • 水温む(2001年、芳文社)
  • やらしい昼下がり(2001年、竹書房
  • 最後のドアを閉めろ!(全2巻、2001年-2004年、ビブロス
  • 最後のドアを閉めろ!(全2巻、2007年、リブレ出版*版元変更・再版)
  • 働きません!(2002年、徳間書店
  • 冷蔵庫の中はからっぽ(全2巻、2001年、ソニー・マガジンズ
  • 冷蔵庫の中はからっぽ(全2巻、2002年、幻冬舎*版元変更・再版)
  • 青年14歳(2002年、幻冬舎)
  • 我らの水はどこにある(2002年、芳文社)
  • 夢が叶う12月(2002年、竹書房)
  • 開いてるドアから失礼しますよ(2003年、ビブロス)
  • どうして涙が出るのかな(2004年、幻冬舎)
  • ピクニック(2004年、芳文社)
  • 誰がおまえを好きだと言った(2005年、竹書房)
  • 太陽の下で笑え。(2005年、芳文社、再版)
  • 夢を見るヒマもない(2006年、二見書房
  • 俺は悪くない(2006年、芳文社)
  • 誰にも愛されない(2007年、リブレ出版)
  • おひっこし?(2007年、白泉社
  • ありえない二人(2007年、竹書房)
  • 死ぬほど好き(2008年、竹書房)
  • たかが恋だろ(原作:英田サキ 2009年、大洋図書
  • 人はなぜ働かなければならないのか(2009年、竹書房)
  • まほろ駅前多田便利軒 1(原作:三浦しをん 2009年、白泉社)
  • 一生続けられない仕事 1(2010年、竹書房)
  • 愛想尽かし(原作:英田サキ 2010年、大洋図書)
  • まほろ駅前多田便利軒 2(原作:三浦しをん 2011年、白泉社)
  • 一生続けられない仕事 2(2011年、竹書房)
  • うちの神様にはがっかりだ!(原作:佐々木禎子 2015年、徳間書店
  • 一生続けられない仕事 3(2015年、竹書房)

小説挿絵[編集]

  • ツインズ(森内景生、1999年、角川書店
  • 恋愛依存症(金丸マキ、1999年、光風社出版)
  • 情熱の温度(木原音瀬、1999年、オークラ出版
  • 狼は花と散る(佐藤ラカン、全2巻、1999年-2001年、二見書房)
  • 座布団(剛しいら、2000年、光風社出版)
  • 逃亡(佐藤ラカン、2001年、ムービック
  • 永遠の昨日(榎田尤利、2002年、笠倉出版社
  • ストロベリーハウスフォーエバー(桜木知沙子、2002年、光風社出版)
  • 逃走経路-夢のあとに(ふゆの仁子、2002年、光風社出版)
  • 唇(くち)はワザワイのもと(遠野春日、2002年、ムービック)
  • 聖夜(榎田尤利、2002年、笠倉出版社)
  • スウィート・マジック(佐々木禎子、2003年、小学館
  • 南くんの偏愛の対象(金丸マキ、2003年、集英社
  • 獣のモラル 花の囁声(月夜野亮、2003年、オークラ出版)
  • 豹くんの異常な愛情(金丸マキ、2003年、集英社)
  • 胸に手をあててみろ!(たけうちりうと、2004年、ムービック)
  • 映画館で逢いましょう(鳩村衣杏、全2巻、2003年-2005年、二見書房)
  • 誘惑のジンクス(佐々木禎子、2003年、茜新社
  • 永遠のパズル(榊花月、2004年、徳間書店)
  • 何でやねん!(久我有加、全2巻、2004年、新書館
  • 落語家シリーズ 花扇(剛しいら、2004年、成美堂出版)
  • 虜 -とりこ-(秀香穂里、2004年、徳間書店)
  • 復讐はため息の調べ(いとう由貴、2004年、大洋図書)
  • 鬼籍通覧シリーズ(椹野道流、2004年-2007年、講談社
  • ロマンスの旋律(佐々木禎子、2005年、茜新社)
  • 心に手錠、唇にはくちづけを(中原一也、2005年、茜新社)
  • あいつの腕まで徒歩1分(桜木ライカ、2005年、大洋図書)
  • にゃんこ亭のレシピ(椹野道流、既刊4巻、2005年-2009年、講談社)
  • あなたと恋におちたい(高岡ミズミ、2005年、幻冬舎)
  • 純真にもほどがある! (崎谷はるひ、2005年、ビブロス)
  • 初体験ノスタルジア(金丸マキ、2005年、集英社)
  • 別れごっこ(剛しいら、2005年、プランタン出版)
  • 犬より愛して(藤森ちひろ、2005年、大洋図書)
  • 雨の上がる場所(桜木知沙子、2005年、成美堂出版)
  • 夜が蘇る(英田サキ、2005年、プランタン出版)
  • あぶない奴が多すぎる(愁堂れな、2005年、ムービック)
  • 夏休みには遅すぎる(菱沢九月、2005年、徳間書店)
  • 君が誰の隣にいても(月上ひなこ、2005年、幻冬舎)
  • せつない奴が多すぎる(愁堂れな、2005年、ムービック)
  • そこに愛はあるのか(月上ひなこ、2006年、幻冬舎)
  • 密約は甘く縛る(佐々木禎子、2006年、茜新社)
  • 高校教師、なんですが。(菅野彰、2006年、徳間書店)
  • 最愛(いおかいつき、2006年、大洋図書)
  • 夜に赦される(英田サキ、2006年、プランタン出版)
  • たったひとつだけの恋(月上ひなこ、2006年、幻冬舎)
  • 突然、恋はおちてくる(高岡ミズミ、2007年、幻冬舎)
  • ひそやかに恋は(桜木知沙子、2007年、徳間書店)
  • 長靴をはいた黒猫(佐藤ラカン、2007年、二見書房)
  • 夜に咲き誇る(英田サキ、2007年、プランタン出版)
  • 瞳(め)は口ほどにものをいう(遠野春日、2007年、ムービック)
  • 北の漁場(愁堂れな、2007年、二見書房)
  • ふしだらな需要と供給(高橋ともや、2007年、リブレ出版)
  • 夜空に咲く恋(水瀬結月、2007年、フロンティアワークス
  • 挑発のルポライター(あさぎり夕、2007年、集英社)
  • 俺の胸で泣け(愁堂れな、2008年、リブレ出版)
  • 愛してるって言われても(バーバラ片桐、2008年、白泉社)
  • 相続人と蜜月(いおかいつき、2008年、ワンツーマガジン社)
  • ただ、優しくしたいだけ(水原とほる、2008年、徳間書店)
  • 恋の記憶(杉原理生、2008年、大洋図書)
  • オレ以外立入禁止っ!(月夜野亮、2009年、オークラ出版)
  • 俺に胸を貸しやがれ(愁堂れな、2009年、リブレ出版)
  • 北の情炎(愁堂れな、2009年、二見書房)
  • 王子とダイヤモンド(愁堂れな、2009年、ムービック)
  • 隣人には秘密がある(秀香穂里、2010年、徳間書店)
  • 不法占拠(神奈木智、2010年、幻冬舎)
  • ただひとつの理由(櫛野ゆい、2010年、リブレ出版)
  • 花片雪(英田サキ、2010年、大洋図書)

ドラマCD[編集]

  • 俺は悪くない(2002年、インディペンデントレーベル
  • 最後のドアを閉めろ!(2002年、ファースト・スマイルエンタテインメント)
  • 開いてるドアから失礼しますよ(2003年、マリン・エンタテインメント
  • 我らの水はどこにある(2004年、マリン・エンタテインメント)
  • 最後のドアを閉めろ!1〜Replay〜(2004年、マリン・エンタテインメント)
  • 最後のドアを閉めろ!2(2004年、マリン・エンタテインメント)
  • どうして涙が出るのかな(2005年、インターコミュニケーションズ
  • 誰にも愛されない(2008年、リブレ出版)
  • 愛だろ、愛!!(2008年、マリン・エンタテインメント)
  • 夢を見るヒマもない(2009年、インターコミュニケーションズ)
  • 愛かもしれない(2009年、ジェネオン・ユニバーサル
  • 一生続けられない仕事1(2016年、マリン・エンタテインメント)

外部リンク[編集]