山添喜三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山添 喜三郎(やまぞえきさぶろう、1843年9月15日[1] - 1923年5月16日)は、明治初期の建設技術者。

現在の新潟県角海浜出身[1]。14歳の頃から船大工をしていたが、26歳で建築大工に転じ、東京の松尾伊兵衛の下で建築を学んだ[1]。明治政府がウィーン万国博覧会1873年)への参加を決めると、松尾と山添が日本館パビリオンの建築責任者と決まる[1]。山添は9ヶ月半にわたるヨーロッパ滞在を通じて、ヨーロッパの工場建築技術を学んで帰国した[1]万博博覧会での山添たちの仕事は大変好評を博し、閉会後、イギリスのアレクサンドラ・パーク社 (Alexandra Palaceに頼まれ、ウィーンから日本建築をロンドンに解体移築し、新たに土蔵を建設した。[要出典]

帰国後は、内務省勧業寮などで活躍し、製紙工場の指導にあたる[1]。1883年に辞職して宮城に移住[1]。1885年から1918年まで宮城県庁に勤めた[1]。この間、旧登米高等尋常小学校(現教育資料館)・旧登米警察署庁舎(現警察資料館)の設計工事監督を務めた[1]。1917年、寺内正毅の上奏により、宮城県技師と高等官七官に任命される[1]。翌年、宮城県技師を辞職[1]。1932年、81歳で永眠[1]。仙台市の栄明寺に葬られる[1]

1969年に藤森照信が遺族らを探し当て、卒業論文『山添喜三郎伝』を執筆した[要出典]

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 教育資料館 | とよま振興公社”. toyoma.co.jp. 2022年1月10日閲覧。

出典[編集]

  • 『澳国博覧会参同記要:澳国博覧会後建築術ノ経歴』1897年