山梨県富士北麓公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山梨県富士北麓公園
分類 自然公園および都市公園(広域公園)
所在地
山梨県富士吉田市上吉田字立石5000
座標 北緯35度27分14.81秒 東経138度46分4.87秒 / 北緯35.4541139度 東経138.7680194度 / 35.4541139; 138.7680194座標: 北緯35度27分14.81秒 東経138度46分4.87秒 / 北緯35.4541139度 東経138.7680194度 / 35.4541139; 138.7680194
面積 180 ha(うち都市公園として31.6 ha)
開園 1985年(陸上競技場竣工年)
運営者 山梨県(指定管理者:公益財団法人山梨県体育協会)[1]
設備・遊具 陸上競技場
野球場
体育館
球技場
駐車場 大駐車場600台、小駐車場137台
公式サイト 山梨県富士北麓公園 公式サイト

山梨県富士北麓公園(やまなしけんふじほくろくこうえん)は山梨県富士吉田市上吉田立石にあるスポーツ施設群を有する山梨県立の自然公園および都市公園である[2]。指定管理者制度に基づき、公益財団法人山梨県体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

富士山の麓にあり、周辺を森林に囲まれている。緯度的には横浜市と変わらないが、標高990mから1,160m(競技場のある区域は1,035m)と高地にあるため冬になると降雪凍結などにより屋外競技場の殆どが使用不可能になる。また、富士山麓独特の気象変化によりが発生しやすく、球技を使用するスポーツでは試合および競技中止になることがよくあるが、晴天の時は富士山がよく見える絶景の場所でもある。

1977年(昭和52年)3月16日に都市計画が決定され整備開始[3]かいじ国体が開催されるまでに陸上競技場や野球場、体育館が整備された。また、調整池遊歩道なども整備されている。

かいじ国体開催後は目立った改修は行われてこなかったが、ラグビーワールドカップ2019および2020年夏季オリンピックの合宿誘致を目指すことからウエイトトレーニング室および室内練習場などを整備する計画がある[4]

施設[編集]

陸上競技場[編集]

正式名称は山梨県富士北麓公園陸上競技場(やまなしけん・ふじほくろくこうえん・りくじょうきょうぎじょう)であるが、単に富士北麓競技場と呼ばれることがある。

Jリーグの使用実績として2000年のJリーグ公式戦でヴァンフォーレ甲府がホームゲームを開催し、Jサテライトリーグの試合でも2009年まで利用された。なお2016年時点ではJ1リーグおよびJ2リーグの開催基準を満たしていないため使用不可であり、J3リーグも照明設備の設置など整備計画を明らかにしない限り本拠地としては使用不可である。その他には2014年第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会でも1次ラウンド会場の一つとして用いられたほか、2015年世界陸上競技選手権大会の陸上日本代表の合宿地としても利用されている。

  • 第2種公認競技場
  • 全天候型トラック: 400m×8コース[3]
  • フィールド: 107m×71m[3]
  • 収容観客数: 11,105人[3]
    • メインスタンド(固定席): 1,105人[3]
    • 芝生スタンド: 10,000人[3]
※公式の値。実際は5,000人弱。

野球場[編集]

正式名称は山梨県富士北麓公園野球場(やまなしけん・ふじほくろくこうえん・やきゅうじょう)であるが、単に富士北麓球場と呼ばれることがある。夏の高校野球など高校野球の試合も行なわれるが、上述の通り霧が発生しやすい気象条件ため試合が続行できないこともしばしばある。近年では2005年夏の高校野球にて、吉田高校韮崎高校の試合は6回まで1-1の接戦だったが、濃霧によってノーゲームとなり、再試合は9-1で吉田が韮崎にコールド勝ちしたというエピソードがある。このため一時期は1~2日間のみ開催であったが、2008年より緑が丘球場で高校野球をはじめとする硬式野球の開催ができなくなった関係から小瀬・山日YBS球場とともに再び試合数が増加している。関東地区高等学校野球大会では2011年の秋季大会では天候等の理由で使用されなかった(小瀬1球場のみで開催)が、2015年の春季大会では使用されている。

標高1100mの富士山のふもとにあることから、夏の甲子園・山梨県大会のもう一つの会場である山日YBS球場(同250m)に比べて標高が高いので、打球が出やすいとする意見がある[5]

  • 収容観客数:13,449人(内野席3,957人、外野芝生席9,492人)[3]
  • 両翼:92m, 中堅:120m[3]
  • 内野:土、外野:天然芝[3]
  • スコアボード:パネル式

体育館[編集]

メインとサブの2つのアリーナがあり、バスケットボールバドミントンの試合会場として使用されている。メインアリーナにはスタンドがあり、うち1階部分は可動式となっている。

  • 面積:メイン1,794m²(39m×46m), サブ540m²(30m×18m)[3]
  • 天井高:メイン15m, サブ8m[3]
  • 収容観客数:(1階770名、2階944名、立見席500名、障害者用20名)[3]

球技場[編集]

サッカーラグビーの試合会場として使用される。

  • フィールド:80m×154m[3]
  • 収容観客数:5,600名

交通アクセス[編集]

公共交通機関が皆無のため、来場には注意が必要。途中富士山有料道路を通るが、富士北麓公園前の交差点までは無料区間である。

脚注[編集]

  1. ^ 指定管理者の導入施設一覧について
  2. ^ 山梨県都市公園条例
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 富士北麓公園概要 Page white excel.png (XLS)
  4. ^ 富士吉田の競技場整備へ(2016年2月19日、読売新聞
  5. ^ 投手に不利? 山梨・北麓球場の怪 「打球飛びやすい」(2015年6月25日 10月13日閲覧)

外部リンク[編集]