山根明季子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山根 明季子
生誕 (1982-10-01) 1982年10月1日
出身地 日本の旗 日本大阪府
学歴 京都市立芸術大学
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家
公式サイト 山根明季子オフィシャルサイト

山根 明季子(やまね あきこ、Akiko Yamane 1982年10月1日 - )は、現代音楽作曲家。大阪府出身。

略歴[編集]

京都市立芸術大学卒業、同大学院修了[1]。音楽学部賞および大学院賞、京都音楽協会賞を受賞[2]。在学中にドイツブレーメン芸術大学英語版へ派遣留学、ヨンギー・パクパーン(朴泳姫)に師事した。これまでに作曲を澤田博、松本日之春、前田守一、中村典子、川島素晴に師事。主な受賞歴として、武生作曲賞2005(入選)、第22回日本現代音楽協会作曲新人賞(富樫賞)、第75回日本音楽コンクール(第1位および増沢賞)、第17回芥川作曲賞(ファイナリスト)、第20回芥川作曲賞がある[1]。2007年から2013年まで川島素晴と現代音楽コンサートeX.(エクスドット)を主宰[3]

作風[編集]

単一の音価が連続する[4]イディオムで知られる。「ヒトガタ」・「水玉コレクションNo.1」でもその芸風は顕著である。その後、「音を視る」[5]というコンセプトから、全終止を頻繁に使い続けるようになり、展開ではなく「丸い」音色の羅列へ向かっている。かつてサルヴァトーレ・シャッリーノはゼロから始まりゼロにおわるcresc,またはdim,の多用[6]で知られたが、全終止で区切られた音色の全体へcresc,またはdimを配置する[7]ことで形を表現している。

川島素晴は、山根への指南役として、「水玉コレクションNo.01」が日本音楽コンクールで第1位を受賞するなど出世作となった反面、高評価の陰で「師匠譲りの」という声もあり、自分の影響下にあった感は否めないと振り返っている。しかしその後、デュオ「ROSCO」で開催した二人展では、各自(特に山根)の音楽性を発揮できたことで、確かな手応えをもたらしたと語った[8]。山根本人は、自分と他者との世界観の違いに強い拘りがあり、それがもとで孤独なのだと漏らしているが[9]、川島はこれを、そのような感覚に支配されながら、音を形あるものとして作り出す「苦しい創作を継続している」とし、「視覚的構成」が基本なので音楽的な分析が無用になり、強いて言えば「現代美術やアート」に通じる表現であると評している。「音を視る」というテーゼについては、山根がよりどころとしている「独自の感性」は他者には真似しがたいだけに、論理的な理解を得られにくい弱点があると指摘。それでも、かつてシェーンベルクがロジックとして導入した十二音技法には、感覚だけに頼っていた無調に見切りをつけ、規律や秩序を与えようと創案された背景があるものの、それは発展をもたらす一方で「逃げ」でもあるとし、「感覚のみに従う」山根は、時代を超えた存在であることを匂わせた[10]。また山根は自分の音楽性について、音を色や空間で表現して確かめると川島と「会話が噛み合わなかった」とも語っている[11]

主要作品[編集]

  • Re-Collect(2005年、第5回武生作曲賞入選作)
  • Transcend(2005年、第22回日本現代音楽協会作曲新人賞富樫賞受賞作)
  • 水玉コレクション No.01(2006年、第75回日本音楽コンクール作曲部門第1位および増沢賞。2007年、第17回芥川作曲賞ノミネート作)
  • 水玉コレクション No.01 室内管弦楽版(2007年)
  • ヒトガタ(2008年、読売日本交響楽団委嘱作品)
  • 水玉コレクション No.04(2009年、いずみシンフォニエッタ大阪委嘱作品。2010年、第20回芥川作曲賞受賞作)
  • 水玉コレクション No.06(2010年、NHK交響楽団委嘱作品)
  • ハラキリ乙女(2012年、サントリー芸術財団委嘱作品)
  • イルミネイテッドベイビー(2015年、浜松国際ピアノコンクール第二次予選課題曲)

備考[編集]

作曲家の川島素晴と結婚(後に離婚[12])、1児をもうけている[8]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Bio - AKIKO YAMANE
  2. ^ ベルク年報 第13号 139p.
  3. ^ eX.(エクスドット)
  4. ^ 卒業生インタビューでは、大学院当時の先輩に四分音符のリズムを多用していると指摘され、その後「逆にそれは自分の個性」なのだと気付いたと語っている。
  5. ^ ベルク年報 第13号
  6. ^ Addio case del vento : per flauto (1993) (楽譜, 1994) リコルディ
  7. ^ サントリー芸術財団委託制作楽譜 S1001 “水玉コレクション No.4. 室内オーケストラのための” 日本作曲家協議会
  8. ^ a b 洪水 第7号 86p.
  9. ^ 洪水 第7号 87p.
  10. ^ 選択としては、ケージが、師匠のシェーンベルクに「和声の感覚」を指摘され、さらに釘を刺されたのを契機に居直り、自分の道を見出したのと似通っている。
  11. ^ 洪水 第7号 88p.
  12. ^ 渡辺愛×山根明季子×桑原ゆうで語る~その②|わたなべゆきこ / 作曲家 in ドイツ|note” (日本語). note(ノート). 2019年1月6日閲覧。
  13. ^ 86-89pp.