山根一眞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山根一真から転送)
移動先: 案内検索
やまね かずま
山根 一眞
生誕 (1947-10-12) 1947年10月12日(69歳)
出身校 獨協大学

山根 一眞(やまね かずま、1947年10月12日 - )は、日本ジャーナリストノンフィクション作家獨協大学経済学部特任教授。東京都出身。明治学院中学校明治学院東村山高等学校(同校の第1期生)を経て、獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。元NHKミッドナイトジャーナル』『未来派宣言』キャスター。娘は日経エネルギーNext編集長の山根小雪。

人物・エピソード[編集]

父である山根章弘は、美学者で東京音楽大学教授。また、東映動画に勤務し、日本初の長編カラーアニメーション『白蛇伝』の原案者である上原信は山根章弘のペンネームである。

また、作家・西村寿行のデータマンをしていた時期もある[1]

アマゾンにおける環境問題の取材を30年に渡って行っている。週刊ポストの連載『メタルカラーの時代』は、日本のモノづくりの最前線を取材したもので700回を超える長期連載となっている。1998年東京クリエーション大賞で、個人としては初の大賞を受賞。宇宙科学研究所客員教授。2005年愛知万博のプロデューサーもつとめた。

若い頃は宮沢賢治に傾倒しており、20歳の誕生日に花巻市の賢治の実家を訪れ、賢治の実弟である宮沢清六と並んで記念写真を撮影している(『宮沢賢治への旅』(文春文庫ビジュアル版、1991年)に寄稿した文章に掲載)。

1964年の新潟地震では、東京から新潟へ護送中だった囚人が地震の影響で行方不明になり、見附警察署で確保したものの警察無線が混乱しており東京で中々傍受できなかった。それを偶然にも傍受したのが高校2年生だった山根であり、彼は囚人の出発地である中野刑務所で内容を連絡・協力したという(週刊文春『スーパー書斎の遊戯術』第31回より。当時の周波数は短波であった)。 新潟地震で傍受した無線は警察無線ではなく、7MHZ帯のアマチュア無線である。トリオの9R-59受信機にて、新潟と東京のハムの非常通信を傍受し、中野刑務所へ電話で伝えたという。(CQ Ham radio 2012年5月号、ハムの役割と備えより。)

デジタル製品が好きで、カシオのデジタルカメラQV-10を早くから愛用していた。Macintoshのヘビーユーザーとしても知られる。

現在ニッポン放送で放送されている『上柳昌彦 ごごばん!』内の15時台コーナー「ハートフルライフ プレミアムトーク」木曜レギュラーとして出演中。また前身番組であった『高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン』の「特ダネトーク」でも木曜レギュラーを務め、2009年9月1日の放送では高嶋夏季休暇中時の代理パーソナリティを担当した。

著書[編集]

  • 『中古車商人 いい中古車・悪い中古車』交通タイムス社 1978
  • 『アマゾンで日本人はガランチードと呼ばれた 地球最後のフロンティアでの1/2世紀』内田老鶴圃新社 1980 「アマゾン入門」文春文庫
  • 『生命宇宙への旅 ライフサイエンスの新世界を拓く人々』主婦の友社 1984
  • 『ガンになる危ない食べ合わせ こう食べれば発ガンを避けられる』青春出版社プレイブックス 1986
  • 『新・内臓強化法 これだけ知ったらもうコワくない!』主婦の友健康ブックス 1986
  • 『スーパー手帳の仕事術』ダイヤモンド社 1986 のち文春文庫
  • 『変体少女文字の研究 文字の向うに少女が見える』講談社 1986 のち文庫
    • 少女たちの文字についての研究書であり、特に一世を風靡した『丸文字』について詳しい。
  • 『スーパー書斎の道具術』ビジネス・アスキー 1987 アスペクトブックス
  • 『ドキュメント東京のそうじ』PHP研究所 1987 のち講談社文庫
  • 『スーパー書斎の遊戯術』文芸春秋 1988 のち文庫
  • 『情報の仕事術』全3巻 日本経済新聞社 1989
  • 『DTPの仕事術 デスクトップパブリッシング』編著 日本経営協会総合研究所 1989
  • 『第「三・五」の波 スーパー書斎の秘めごと』文芸春秋 1990 『スーパー書斎の遊戯術 怪傑版』文春文庫
  • 『「ギャル」の構造 情遊化社会と女性パワー』世界文化社 1991 のち講談社文庫
  • 『A4革命 スーパー書類の整理術』情報山根組共著 日本経済新聞社 1993 日経ムック
  • 『「メタルカラー」の時代』全6巻 小学館 1993-2003 のち文庫
  • 『情報の仕事術 マルチメディア版』日本経済新聞社 1994
  • 『スーパー書斎の遊戯術 黄金版』文芸春秋 1994 のち文庫
  • 『デジタル情報の仕事術』日本経済新聞社 1996
  • 『ネットワーク共和国宣言 パソコン通信のいま・これから』編 筑摩書房 1996
  • 『36.5℃の生活 あったかい人生の送り方』日本経済新聞社 1998 「山根一眞の素朴な疑問 あったかい生活の送り方」新潮OH!文庫
  • 『デジタル産業革命 「情品経済」の仕事力』講談社現代新書 1998
  • 『モバイル書斎の遊戯術』小学館 1999
  • 『愛知県館総合プロデューサー・山根一眞の愛知万博愛知県館「でら」ガイド』小学館 2005
  • 『環業革命』講談社 2005
  • 『温暖化クライシス メタルカラー烈伝』小学館 2006
  • 『賢者のデジタル』マガジンハウス 2007
  • 『"トヨタ世界一時代"の日本力 メタルカラー烈伝』小学館 2007
  • 『鉄 メタルカラー烈伝』小学館 2008
  • 『小惑星探査機はやぶさの大冒険 星のかけらを拾って地球に戻るまで、60億キロを、7年間かけて旅をした惑星探査機の運命。』マガジンハウス 2010
  • 『日本のもと 技術』監修 講談社 2011

脚注[編集]

  1. ^ 『本の雜誌』2012年7月号、角川書店・宍戸健司インタビューより

外部リンク[編集]