山村政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山村 政明(やまむら まさあき、梁政明(リャン・ジョンミョン)、1945年6月21日-1970年10月6日)、は日本に帰化した在日朝鮮人2世。元聖書キリスト教会教会員。早稲田大学卒。

生涯[編集]

山口県美祢郡秋芳町に7人兄弟の3男として生まれる。小学生の時に日本国籍を得る。1964年に東洋工業(現:マツダ)に入社するも、すぐに退社した。日本朝鮮研究所(現:現代コリア研究所)への入会を希望したが「日本に帰化した裏切り者」として拒絶された。その後、日本民主青年同盟に参加するも、退会。キリスト教に入信。

1970年10月6日未明、穴八幡宮の境内で焼身自殺。25歳だった。

著書[編集]

  • 『いのち燃えつきるとも』山村政明遺稿集 1971年 大和書房
  • 『日本の中の朝鮮』共著、大江健三郎張本勲他 1971年 太平出版社

参考文献[編集]

  • 『羊群』羊群社 1971年
  • 『日本人名大辞典』講談社