山村房次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山村 房次(やまむら ふさじ、1908年1月29日 - 1986年1月7日)は、日本の文学研究者、ロシア文学者。本名・花房森。

来歴[編集]

香川県生まれ。1929年第一早稲田高等学院中退。1935年ころから社会主義者としてソビエト・ロシア文学の翻訳紹介を行う。戦後も社会主義者として活動。

著書[編集]

  • ソヴェート文学ノオト 九州評論社 1948
  • ゴーリキイ 日本民主主義文化連盟 1949 (文連文庫)
  • ゴーリキー研究 第1 啓隆閣 1969
  • レーニンと文学 1980.8 (新日本選書)

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 日本近代文学大事典