山村房次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山村 房次(やまむら ふさじ、1908年1月29日 - 1986年1月7日)は、日本の文学研究者、ロシア文学者。本名・花房森。

来歴[編集]

香川県生まれ。1929年第一早稲田高等学院中退。1935年ころから社会主義者としてソビエト・ロシア文学の翻訳紹介を行う。戦後も社会主義者として活動。

著書[編集]

  • ソヴェート文学ノオト 九州評論社 1948
  • ゴーリキイ 日本民主主義文化連盟 1949 (文連文庫)
  • ゴーリキー研究 第1 啓隆閣 1969
  • レーニンと文学 1980.8 (新日本選書)

翻訳[編集]

  • 歴史文学論 ゲォルグ・ルカチ 文化と技術叢書 三笠書房 1938
  • ロシヤ文学史 ゴーリキー 五月書房 1952 のち岩波文庫
  • 歴史小説論 ゲオルグ・ルカーチ 1955 (青木文庫)
  • 文学入門 ゴーリキー 大月書店 1956 のち青木文庫
  • パンのみによるにあらず V.ドゥヂーンツェフ 久野公共訳 大日本雄弁会講談社 1957
  • 若い仲間 ボリス・アクショーノフ 弘文堂 1964
  • 壊滅・氾濫 ア・ファジェーエフ 蔵原惟人共訳 新日本出版社 1966 (世界革命文学選
  • 黒海の波 ワレンチン・カターエフ 新日本出版社 1967 (世界新少年少女文学選)
  • マルクス・レーニン主義美学の基礎 ソ連科学アカデミー哲学研究所、芸術史研究所編 啓隆閣 1968-1969
  • 冬の峠 1920-22年のレーニン エ・ヤ・ドラプキナ 1970 (新日本新書)
  • ゴーリキー / イ・グルーズジェフ 人類の教師 明治図書出版 1972
  • ゴーリキーの運命 その時代と文学 ボリス・ビャーリク 新日本出版社 1975
  • 世界短編名作選 ロシア編 草鹿外吉高橋勝之共編 新日本出版社 1976

参考[編集]

  • 日本近代文学大事典