山本SAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本SAN
プロフィール
リングネーム 山本SAN
本名 山本 康之
ニックネーム ミスター第1試合
遅れてきた天才
身長 182cm
体重 82kg
誕生日 (1972-06-09) 1972年6月9日(45歳)
出身地 東京都新宿区
所属 THE EXTREME FIGHTING STAGE COMBO
スポーツ歴 ラグビー
デビュー 2008年4月19日
テンプレートを表示

山本SAN(山本サン、1972年6月9日 - )は、日本男性プロレスラー東京都新宿区出身。プロレス団体THE EXTREME FIGHTING STAGE COMBOを主宰。なお、本名でDEEPジムに所属する総合格闘家でもある。タレントとして「鬼神道プロダクション」に所属。

人物[編集]

関東一高 時代はラグビー部に所属。後にプロ野球選手となる山崎健山本保司と同級生に当たる[1]。 高校卒業後は就職先の社会人ラグビー部でフッカーとして奮闘。1部リーグ復帰への切り札の1人としての入団であったが、果せぬまま、廃部という現実に直面し自身も現役引退。

その後は生まれ持っての身体能力と総合格闘技センスをベースに、長くアマチュア格闘家として修業を積んだ。運動における特徴は、格闘技に限らず、視覚情報を自らの身体で再現する能力に長けているところである。

プロレス自体は35歳と遅いデビューでキャリア自体は浅いが、25年のファン歴(当時)を誇るプロレス眼とリスペクト、そしてプロレス愛を存分に発揮し、ベテランに負けない体力、テクニックで活躍を見せる。それが注目されガッツワールドの所属となる。所属以外にもZERO1、阿佐ヶ谷プロレスなど他団体のリングにも上がっている。現在は退団し、自らの団体ジ・エクストリーム・ファイティング・ステージ・コンボ(THE EXTREME FIGHTING STAGE COMBO)を立ち上げ、主宰として興行も行っている[2]。 リング外では、yasuと言う名でベーシストとして5弦ベースを操り、ロックバンドExLizzy、メタルバンドUNTRADに所属しCDデビューも果たしている。[3]。 音楽活動においてもプロレスファン歴同様の長いキャリアを持ち合わせ、中学時代から本格的なバンド活動を行ってきた。

口癖は「来ちゃった」。最近は加齢による視力の衰えを気にしている。

得意技[編集]

打撃技[編集]

ミドルキック
サッカーボールキック
五郎丸キック
ラグビー日本代表五郎丸歩のプレースキックを格闘技に応用したもの。五郎丸ポーズから決める。
ビッグホーンタックル
バッファローマンのごとく強烈なタックル。ロータス型とイルムシャー型が存在する。

投げ技[編集]

山本ドライバー
横向きのうつ伏せ状態で肩に担ぎ上げた体勢からジャンプすると同時に前方に両足を開脚し、頭部からマットに叩き落とす技。
ランニング式山本ドライバー
コーナー前で横向きのうつ伏せ状態で肩に担ぎ上げた体勢でリング中央にランニングし、ジャンプすると同時に前方に両足を開脚し、頭部からマットに叩き落とす技。山本ドライバーはこちらが原型である。

関節技[編集]

腕ひしぎ十字固め
飛びつき式腕ひしぎ十字固め

脚注[編集]

  1. ^ 関東第一高等学校”. 2016年4月18日閲覧。
  2. ^ COMBO OFFICIAL WEB”. 2016年4月18日閲覧。
  3. ^ UNTRAD OFFICIAL WEB SITE”. 2016年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]